墓じまいNavi

お墓に関する基礎知識

お墓を継ぐ必要性とは?

更新日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

お墓は必ずしも継がなければならないわけではありません。

しかし、ご先祖様への感謝の気持ちや家族が集まる機会を設けたりといった必要性があります。

お墓を継ぐに当たって承継者をどのように決めるのか以下ではまとめてみました。

スポンサーリンク





お墓を継ぐ必要性とは?

「お墓は継がなければならないのか?」と疑問を抱えている方は多く、現代のお墓に関する問題の中でも大きなポイントです。

しかし、結論から言えばお墓は相続の対象ではないので、子供などの相続人が必ずしも受け継がなければならない存在ではありません。

そもそも、お墓を受け継ぐことは民法では承継と呼ばれており、承継者は遺言や慣習によって決められます。

  • 相続の対象ではない
  • 預金や土地など相続財産でもない
  • 誰かが受け継がなければならないわけではない

このような理由から承継の必要性がないのではと考えている方は多いでしょう。

お墓を作らずに故人を弔うこともできますし、以下のような方法があります。

  • 一定の金額をお寺へと支払って遺骨を引き取ってもらう永代供養
  • お墓以外の場所に遺骨を葬る自然に近い埋葬方法
  • 遺骨を骨壺の中に入れた状態で家で保管する自宅供養

しかし、日本人は特に血筋や祖先を大切にする習慣が一昔前からあり、「ご先祖様に感謝し続ける気持ちを持つ」という意義があるのです。

今現在豊かで明るい家庭を築けているのはご先祖様のお陰ですし、遠くに住む親戚同士が集まって近況報告をしたり供養の大切さを子孫へと伝えたりといった役割も同時に果たしています。

だからこそお墓を継ぐ必要性があり、被相続人との生前の話し合いで決めなければなりません。

スポンサーリンク





お墓を継ぐ人の決め方

お墓を継ぐ人の決め方は一般的な相続の処理とは違い、以下の3つの基準によって決まります。

  • 亡くなった人の遺言
  • 生前に何も言っていなければ慣習
  • 家庭裁判所

「長男が絶対に継ぐもの」とイメージしている方は多いものの、未婚で子供がいない場合はその後に継ぐ人がいなくて無縁墓となります。

亡くなった人の遺言で指定されることもありますが、無縁墓を避けるために次男がお墓の継承者になるケースも少なくありません。

どちらにしても、お墓を継いで墓守になると定期的な管理が必要です。

  • 毎年のお参りや行事に参加する
  • お墓の掃除をして管理料を支払う
  • 寺院の場合はお彼岸やお盆へと参加する

このような墓所の世話を行う形となり、相続人になる子供が仕事を辞めて管理のために実家の近くへと戻ってこいというのは難しいでしょう。

つまり、親が亡くなった後の話は不吉だと避けずに、お墓をこれからどうするのか生前に話し合っておかなければならないのです。

費用の負担に関する問題も出てきますし、きちんと話し合うことで生活上の問題点を上手くカバーできます。

話し合いで決まらない場合は調停と裁判が行われる

相続人間や親族間で話し合ってもまとまらない場合は、調停と裁判が行われます。

お墓を継ぐ必要性をお互いに理解していたとしても、「嫌だ」「無理だ」とまとまらない状態で話し合っていても意味がないので裁判所のお世話になるしかありません。

承継者はお墓や遺骨に関する決定権を持てる一方で、上記でご説明したようにお墓の管理やお手入れを行ったり管理料の支払いを続けたりといった義務があります。

祭祀財産を継ぐのは意外と大きな負担が加わり、分割して相続できないので親族間でトラブルになるケースも多いのです。

裁判所であればお墓の管理の問題以外にも、相続する人間のトラブルの根底を洗い出しながら穏便に済む案を提示してくれます。

話し合いで決まるのがベストですが、お墓を継ぐのは難しい問題なので最終的には裁判所への相談も考慮してみてください。





この記事のURLとタイトルをコピーする

-お墓に関する基礎知識

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2020 AllRights Reserved.