お墓に関する基礎知識

【公営・寺院・民営など】様々なタイプの墓地とお墓まとめ

更新日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

亡くなった人の遺体や遺骨が埋葬されている墓地は、「公営墓地」「寺院墓地」「民営墓地」の3種類に分けられます。

お墓に関しても複数の種類やタイプに分けられるので、このページで詳しくチェックしておきましょう。

スポンサーリンク





墓地の種類

墓地は大きく3種類に分けられ、樹木葬や散骨など生活スタイルの変化に合わせて選択できるようになりました。

墓地の種類によってどのような違いがあるのか見ていきましょう。

公営墓地

公営墓地は各都道府県や市町村といった自治体が管理や運営を行っています。

その数は全国で大よそ3万2,000ヶ所で、どんなメリットがあるのかまとめてみました。

  • 公的機関が運営しているので年間管理料が安い
  • 永続性において安心感がある
  • 宗旨や宗派などの制約なく利用できる
  • 自分で石材店を自由に選べる

ただし、都心の利便性の高い場所にある公営墓地は人気が高く、新聞などを通じて不定期に募集されているので当選しなければ購入できません。

「一度も埋葬されたことのない遺骨がある」「自治体に本籍や現住所がある」といった条件も設定されており、お墓の大きさや形状もあらかじめ指定されています。

寺院墓地

寺院墓地は寺院の境内が隣接する場所に位置しており、購入するに当たってお寺の檀家にならなければなりません。

昔ながらの寺院にあるのが一般的ですが、離れた場所の開発型の大規模霊園にもあります。

寺院の檀家になれば葬儀や法要について相談できますし、承継者がいなくなっても永代供養してもらえるのが寺院墓地のメリットです。

しかし、宗教や宗派が限定されており、墓石のデザインに自由度が少なく石材店も寺院側から指定されるケースが多いのがデメリットとなっています。

民営墓地

以下の民間企業によって管理や運営がなされている墓地が民営墓地です。

  • 事業主体の宗教法人
  • 公益法人
  • 財団法人
  • 社団法人

墓地や霊園の運営において永続性や公共性が求められるため、営利を目的とすることは許されていません。

基本的に石材店や開発業者が民営墓地の開発と携わっており、「購入者の資格制限が少ない」「区画の広さや墓石のデザインの自由度が高い」「駐車場や法要の施設が充実している」といったメリットがあります。

その代わりに公営墓地と比べると購入費用や管理費が高く、条件が良いお墓は直ぐに売り切れる可能性が高いので注意しましょう。

スポンサーリンク





お墓の種類

以下では家墓や永代供養など、お墓の種類についてまとめてみました。

どんなタイプに分けられるのか確認しておいてください。

家墓

家墓は家族を祀り、子孫へと受け継がれていくお墓のことを指します。

承継することを前提としたオーソドックスなタイプのお墓で、家単位で物事を捉えることが多かった時代に普及しました。

正面には「○○家之墓」や「○○家代々之墓」と刻まれており、遺骨を納める度に墓誌や墓碑の裏側に法名や俗名を彫刻していきます。

家墓の管理や供養はお墓の承継者が行い、以前は長男が引き継ぐのが一般的でしたが、子供がいないと無縁仏になる可能性が高く次男が承継者になるケースも増えました。

永代供養

永代供養墓は、寺院や墓地の管理者が責任をもって永大に渡って供養したり管理したりするお墓のことを指します。

承継を前提としないお墓と説明すると分かりやすく、他の方と同じ場所に安置されることから合祀墓(ごうしぼ)や合同墓とも呼ばれるようになりました。

  • 宗旨や宗派などの制約がない
  • 生前に購入できる
  • 永代使用料や管理費が比較的安い
  • 承継者がいなくなっても永代供養してもらえるので安心

このようなメリットがあり、遺骨を骨壺から取り出して共同納骨室に納めるケースと、一定期間まで別で保管してから共同納骨室に納めるケースの2種類に分けられます。

個人墓

自分が入るお墓は自由に選択でき、その一つが個人墓です。

  • 歴史に名を残した方の崇敬と弔いのため
  • 継承者がおらず供養を寺院や墓所にお願いするため

個人墓にはこの2種類の考え方があり、一般家庭では後者を指すケースが多くなっています。

継承者や管理者がいない場合は永代供養墓が一般的ですが、「他の人の遺骨と一緒になるのは嫌」「事務的な感じがする」と断る方のために作られました。

夫婦墓

個人墓とは違って夫婦墓はその名の通り夫婦2人だけが入るお墓のことを指します。

  • 夫婦墓には夫婦2人の名前を彫刻する
  • 永代供養墓になっているケースが多い
  • 年間管理費は事前に支払うので遺族の負担が少ない

このような特徴があり、熟年離婚が近年では増えている中、夫婦一緒のお墓に入りたいと考えられる関係が続くのは素晴らしいと言えるでしょう。

両家墓

両家墓は二つの家を一つのお墓に祀ったものを指します。

一人娘の結婚などを理由に継承していく人がいない家族が現代では増えており、両家墓が建てられるようになりました。

  • 1区画に2つの石碑を建てる
  • 寺院で見掛けることの多い和型墓石
  • 霊園で見掛けることの多い洋型墓石

上記の3種類に大きく分けられており、一昔前から取り入れられているスタイルの一つです。

まとめ

以上のように、一口に墓地やお墓と言っても様々なタイプや種類に分けられます。

「どの墓地にお墓を建てるのか?」「どんなお墓にするのか?」といった内容を家族で話し合ってみてください。





この記事のURLとタイトルをコピーする

-お墓に関する基礎知識

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2020 AllRights Reserved.