墓じまいをした後の供養方法

樹木葬をするメリット・注意点・費用・手続きまとめ

更新日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

文字の通り樹木葬は花や木など樹木を墓石の代わりとして埋葬する自然葬の一つです。

墓地や霊園によっては樹木葬を取り扱っており、現代に合った新しいスタイルとして確立されつつあります。

メリットや費用、手続きの詳細についてご紹介しているので一度チェックしておきましょう。

スポンサーリンク





樹木葬のメリットとは

一般的なお墓ではなく、樹木葬を検討している方のためにどんなメリットがあるのか以下ではまとめてみました。

  • 自然保護や自然回帰の考え方にピッタリの方法で、自然に還りたいと考える故人の遺志を尊重できる
  • 墓石を代々継承する跡継ぎを探す必要性がなく、永代供養と同じように墓地や霊園側が管理してくれる
  • 墓石を用いるよりも金銭的な負担を抑えられ、浮いた費用で仏壇の購入などに充てられる
  • 海洋散骨と比べて従来のお墓に対する考え方に近く、特定の場所へとお参りも可能
  • 樹木の近くに穴を掘って埋めるので、長い年月をかけて自然へと還って安らかに眠ることができる

この樹木葬を利用するに当たり、個別で埋葬する方法と複数人で同じ区画を利用するタイプの2種類に大きく分けられます。

個別管理よりも同じ区画に樹木葬をする方が安上がりで済みますが、どちらにしても費用を抑えたり継承を必要としなかったりというメリットがあるのです。

樹木葬をする際の手続き

遺骨を粉骨して山や海へと還す散骨は許可や手続きが必要ないのに対して、樹木葬では埋葬法の法律に沿って申請しなければなりません。

墓地や霊園の管理された敷地内でのみ行えるものと決められており、自分で勝手に近隣の山へと埋葬するのは法律に反します。

墓地、埋葬等に関する法律の第5条で役所の許可が必要だと記載されているので、どのような手続きをしていくのか見ていきましょう。

  • 樹木葬で供養できる墓地や霊園を探して墓地使用許可書を発行してもらう
  • 市区町村の役所で改葬許可申請書の用紙を受け取る
  • 必要事項を入力して埋葬・埋蔵証明書の発行を受ける
  • 遺骨を新しいお墓へと運ぶ手配や、墓石から移動する場合は廃棄する手続きを行う
  • 遺骨を指定の場所へと運んで樹木葬への改祀をする

遺骨を埋葬するれっきとした墓地ですし、散骨とは根本的に考え方が異なります。

スポンサーリンク





樹木葬の費用

樹木葬の費用の相場はお墓を建てるよりも圧倒的に安く、安いところでは20万円、高くても70万円程度です。

墓石の一般的な購入価格は150万円程度だと言われており、半額以下の費用で済ませられるからこそ現代では主流の方法の一つとなりました。

樹木葬の中に含まれる費用は以下のように幾つかに分類できます。

  • 諸般の管理を行う経費の永代供養料
  • 土地を使用する権利を得るための永代使用料
  • 遺骨をお墓へと納める納骨費用

墓地によってはこれらの費用に加えて年間管理費が発生するので、トータルでどのくらいになるのか確認しておいてください。

樹木葬をする際の注意点

樹木葬を選ぶに当たって、以下では注意点やデメリットをまとめてみました。

  • 管理された敷地内でのみ行える埋葬なので自身で勝手に行ってはいけない
  • 個別に管理しない種類の樹木葬では遺骨を取り出すことができない
  • 都市から遠くて交通の便が良くない場所にある
  • 自分で植樹する樹木の種類を選択できないことがある
  • 新しいタイプのお墓なので親族の理解を得られないケースが多い

遺骨を取り出せないことから、高齢者の親族からの理解を得られずにトラブルになった家庭は少なくありません。

この点に関しては散骨にも該当しますが、家族や親族としっかりと話し合って埋葬方法を決める必要があります。

故人や親族の意思に沿っているのであれば有意義な埋葬方法には違いなく、今後の生活のことも考えてゆっくりとプランを練ってみてください。





この記事のURLとタイトルをコピーする

-墓じまいをした後の供養方法

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2020 AllRights Reserved.