哺乳類

フェネックをペットとして飼う際の注意点まとめ【生態・餌・グッズ・病気など】

更新日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

フェネックは、キツネの一種で大きな耳が特徴的なとてもかわいい動物です。

そして、体は小さくイヌ科最小の動物とされています。

最近、アニメの「アニメけものフレンズ」で登場するフェネックは、小さいフレンズとして描かれていてとても人気です。

日本では、フェネックをペットとして飼うのに特に制限はされていないですが、他の国では違法としている場合もあります。

フェネックは、イヌ科の動物なのでペットとしては、小型犬と同じような感覚で飼えますが、屋外で飼う場合は穴を掘る習性があるので逃げてしまわないように注意する必要があります。

そんなかわいいフェネックについて、詳しくご紹介します。

スポンサーリンク




フェネックの生態 昼行性? 夜行性?

フェネックギツネは、哺乳網ネコ目イヌ科キツネ属に分類される肉食動物です。

単に、フェネックと呼ばれることが多いです。

フェネックは夜行性の動物で大きさは、イヌ科の最小種です。

寒暖の差が激しい砂漠に適応するために全身は、柔らかい体毛で厚く覆われ、尾の先端は黒色です。

フェネックの目の内側から口唇にかけて赤褐色の筋模様が入っています。

フェネックの特徴である大きな耳は、とても長く約8.5㎝~15㎝です。

この大きな耳は、暑い砂漠の中で体温調節をするために放熱します。

そして、砂漠の中での少ない獲物を探すのに役立っていると考えられています。

足裏は、体毛で覆われているので歩きにくい砂漠を歩行するのに適しているといえるでしょう。

過酷な砂漠の日中で生活するには、とても厳しすぎるのでフェネックは夜に活動します。

そして、夜に活動するのはフェネックの餌である小動物や昆虫が夜行性であるということも理由の一つです。

フェネックは、基本的に昼間に寝て夜になると活発に活動を始めます。

そして、砂漠に生息し10匹以下の家族群を形成して生活しています。

また、夜行性といわれていますが、午前中に日光浴を行うこともあります。

砂漠での昼間の暑さや夜の寒さをしのぐために砂地に数メートルにも及ぶ深い巣穴を掘ります。

フェネックは、巣穴を掘る習性があるため飼育下でもゲージの中でも砂堀動作を繰り返します。

野生でのフェネックの餌は、植物の葉、根、果実、小型哺乳類や鳥類、卵、爬虫類、昆虫などです。

あまり水を飲まなくても大丈夫で水分は、植物などから補給しています。

フェネックは、1月~2月に交尾を行い繁殖形態は胎生です。

妊娠期間は、約50日~53日です。

フェネックは、一度の出産で約2匹~6匹の子供を産みますが、5匹以上生むことは少ないです。

スポンサーリンク




フェネックの食事・餌は何? 1日どれだけ必要?

フェネックの餌は、ドッグフードが主食です。

1日に2回、朝と夕方に分けて与えてください。

補助食やおやつには、果物や刺激のない野菜を与えてください。

例えば、キャベツやきゅうり、かぼちゃ、人参、りんご、みかんなどです。

固体にもよりますが、以前好んで食べていた餌でも突然食べなくなったりすることもあります。

その時々に合わせるのがいいでしょう。

市販されているものでは、ペット用の煮干しや鶏肉のささみなどをしっかり湯がいたものも好きです。

他には、ペット用のジャーキーや冷凍マウス、冷凍ウズラ、コオロギ、ミルワームなどを与えている飼い主さんもいます。

しかし、フェネックに絶対に食べさせてはいけないものがあります。

それは、犬などと同様ですが、玉ねぎなどのネギ類やニラ、にんにく、チョコレートなどです。

また、観葉植物などでも危険なものがあるので近くに置かないようにしましょう。

スポンサーリンク




フェネックを飼うために必要なグッズ

ケージ

ケージは、柵と柵の隙間が大きいと抜け出してしまうのでケージ(猫用のものが理想)やガラス張りのショーケースなどの方がオススメです。

もし、隙間の大きいケージを使うのなら、金網などを利用し隙間を狭くして使うのがいいでしょう。

ケージの床の部分が金網のものはフェネックにとって足元が安定しないので向いていません。

その場合は、床面に木製の板などの平らなものを敷いてあげれば安定して動きやすいでしょう。

また、フェネックを屋外で飼う場合に注意したいのは、穴を掘る習性があるということです。

ケージの囲いが地下数メートルまでの深さがないと逃げ出してしまう可能性があります。

フェネックは、運動量の多い動物ですのでケージに入れっぱなしだとストレスがかかります。

飼い主さんが出かける時は、ケージに入れて家にいるときはできるだけ一緒に遊んであげるのが好ましいでしょう。

トイレ

フェネックは、しっかりしつければトイレで糞や尿をすることを覚えてくれます。

しかし、個体差があるのでトイレのしつけが難しい場合もあります。

リード(首輪)

病院に行く時や外出をしなくてはいけない時などキャリーに入れるだけでは、飛び出してしまうことも考えられます。

万が一のためにリードとキャリーを両方使用するのがいいでしょう。

また、リードが必要な時にすぐつけてあげられるように普段からリードに慣らしておくのがいいでしょう。

リードは、誤飲しないためにも飾りなどのついたものや爪が引っかかってしまいそうなものは避けて購入しましょう。

給水ボトル

フェネックは、砂漠などに住むため動物のため野生の場合はほとんど水を飲みませんが、ペットとして飼う場合は水を与えましょう。

その場合、水を器などに入れるとどうしてもこぼしてしまうのでケージに取り付ける給水ボトルのタイプをおすすめします。

スポンサーリンク




フェネックがかかりやすい病気

犬がかかる病気は、フェネックもかかってしまう恐れがあるといわれています。

犬ジステンバー

原因は、犬ジステンバーウィルスの感染によるものです。

食べ物、尿や便などからの経口感染とくしゃみなどの飛沫感染があるとされています。

症状は、元気がなくなる、発熱や目やに、咳や鼻水などの呼吸器症状、下痢や嘔吐などの消化器症状、けいれんなどの神経症状などさまざまです。

フィラリア症(犬糸状虫症)

原因は、フィラリアという寄生虫が心臓や肺動脈などの太い血管に寄生する場合や蚊が媒体となることが考えられます。

症状は、慢性的な咳やぜんそくの様な症状、腹水、血尿、コーヒー色の尿、心不全などです。

フィラリア予防は、ほとんどの飼い主さんがしていますが、予防注射ではなく予防薬の方が安全だといえるでしょう。

しかし、フィラリアの予防薬にも少なからず副作用があります。

動物病院の先生と相談して毎年予防するようにしてください。

狂犬病

原因は、狂犬病ウィルスによるもので他の犬などの動物に噛まれたことによる唾液からの感染などがあります。

中枢神経が侵されるため異常なよだれや徘徊、そして筋肉のマヒもあります。

狂犬病の発症率が低いこととフェネックの体に負担がかかりすぎるので狂犬病ワクチンを接種しない飼い主さんが多いです。

いずれにしても、フェネックを家族に迎えようと考えた時は、近所にフェネックを診てくれる動物病院があるかを確認してから購入する方がよいでしょう。

スポンサーリンク




フェネックの基本データ

原産国 アルジェリアやエジプト、スーダンなどの広い地域
寿命 野生下で約10年、飼育下で約15年
体重 約1~2㎏
体長 約30~40㎝ 尾の長さ 約15~30.5 ㎝,体高は約15~17.5㎝
性格 警戒心が強く、臆病、なつきにくい
価格帯 ペットショップ、オスが約55~95万円、メスが約80~120万円 ブリーダー、オスが約60~80万円、メスが70~100万円

原産国

フェネックが生息しているのは、北アフリカの砂漠地帯やサハラ砂漠、そして、それに続くサヘルといわれる植物もまばらなステップ地帯です。

具体的には、アルジェリアやエジプト、スーダン、チャド、チュニジア、ニジェール、マリ共和国、モーリタニア、モロッコ、リビアなどの広い地域に生息しています。

寿命

フェネックの寿命は、野生下で約10年、飼育下で約15年とされています。

体重

フェネックの体重は、約1~2㎏です。

体長

フェネックの体長は、約30~40㎝、尾の長さは約15~30.5㎝、体高は約15~17.5㎝です。

性格

フェネックは、食物連鎖の下位に位置する生き物なので常に天敵であるフクロウやハイエナ、ヘビ、サソリなどに襲われないか気を付けていなければなりません。

もし、天敵に襲われても鋭い牙や爪も持っていないので戦うことができません。

そのため、フェネックは、警戒心が強く、臆病なのでなかなかなつきにくいです。

価格帯

ペットショップでの購入の場合は、オスが約55~95万円、メスが約80~120万円です。

里親募集を含むブリーダーでの購入の場合は、オスが約60~80万円、メスが70~100万円です。

一般的に、購入価格はメスの方が高く、子供のフェネックの場合も基本的に同じような金額になります。

まとめ

フェネックは、小型でとてもかわいい動物です。

しかし、ペットとして飼っている人は少ないので自宅で飼うことを決める前には、近所にフェネックを診てくれる動物病院の先生がいるかを確認しましょう。

また、フェネックは、運動量がとても多い動物です。

ペットとして飼う場合は、できるだけ室内や屋外で自由に走らせたりして遊べる環境が望ましいです。

フェネックは、臆病な動物なのでリードを付けて散歩に行くことがフェネックのストレスにならないように気を付けてあげましょう。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-哺乳類

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2019 AllRights Reserved.