墓じまいをした後の供養方法

手元供養をするメリット・注意点・費用・手続きまとめ

更新日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

手元供養とは本来であれば寺院や墓地で管理する遺骨や遺灰を自宅で行うことを指し、自宅供養とも呼ばれています。

近年では自分らしいライフスタイルや気持ちをあらわした形で供養が行われるようになり、手元供養はその一つです。

このページでは、手元供養にどんなメリットや注意点があるのかまとめてみました。

>>遺骨ペンダントの専門サイトを見てみる

スポンサーリンク





手元供養のメリットとは?

現在では様々な事情による墓離れが進んでいます。

新しい形として行われている方法が手元供養で、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

  • 故人の遺骨や遺灰を手元に置いておけるので身近に感じられる
  • お墓を持たずに済むので維持していくための費用や跡取りの心配が不要
  • 寺院や墓地にで管理しないので煩わしさがなく、手間がかからない
  • 遺骨をそのまま置くだけではなく、ダイヤモンドやペンダントなどオブジェに加工することもできる
  • 「遠方に住んでいる」「体調を崩してしまった」という際も安心して供養できる

上記のように、金銭的や時間的な面で大きなメリットがあります。

「常に故人を傍に感じていたい」「暗いお墓や納骨堂ではかわいそう」と考える人たちから支持される方法となりました。

手元供養をする際の手続き

寺院や墓地に管理をお願いしないので、「手元供養は準備や手続きが面倒なのではないか?」と考えている方は多いでしょう。

しかし、特に面倒な手続きを行う必要はありません。

「墓地、埋葬等に関する法律」では遺骨をお墓以外の場所で納骨することが禁じられていますが、手元供養で自宅で管理するのはこれに当たらないとされています。

オブジェやアクセサリーに加工する際も一緒で、手元に分骨を置く際の特別な手続きはないのです。

ただし、手元供養をしているお骨をお墓に納める場合は、墓地の管理者に分骨証明書と呼ばれる証書を発行してもらわなければなりません。

申請すれば必ず交付してもらえるので、一度伺ってみてください。

スポンサーリンク





手元供養の費用

手元供養では遺骨を保管するための骨壷などを購入しなければならず、どのくらいの費用が発生するのか見ていきましょう。

ミニ骨壷:機能性や耐久性にも優れていて、値段は4,000円~10,000円
オーダーメイド骨壷:故人の趣向に合わせて制作でき、値段は数万円
ミニ仏壇:部屋のインテリアにもなり、1,500円~15万円と幅広い
遺骨ペンダント:オブジェとして保管でき、3,000円~17万円程度

新しくお墓を建てる場合は最低でも100万円以上は支払わなければなりませんし、全国平均では200万円程度だとデータが出ています。

建てた後の管理費用も発生して金銭的な負担になりやすく、費用の安さで手元供養を選択する家庭が増えているのです。

>>遺骨ペンダントの専門サイトを見てみる

手元供養をする際の注意点

遺骨を自宅で保管することに違法性はなく、手元供養を行う上で特に注意点はありません。

大切な人を失ったという悲しみにくれている時、遺骨が傍にあれば故人を思い浮かべて祈りを捧げられるので苦しみが多少は緩和されます。

しかし、手元供養には幾つかのデメリットがあるので見ていきましょう。

  • いつまでも家に置いておくことはできず最終的な行き場を考えなければならない
  • ペンダントなどのアクセサリーへと加工すると紛失のリスクがある
  • お参りしたいと考える親戚を自宅へと招かなければならない
  • 世間体や古くからの習わしで「自宅に置いておくと成仏できない」と言われている

家族や親族の中には、「手元供養には反対」と意見する人がいるかもしれません。

自宅に全骨安置することに対して快く思わないケースはありますし、お墓を作ってあげたいという人と意見が分かれる可能性があります。

供養の方法において正解不正解は特にないので、きちんと話し合ってから決めてください。

>>遺骨ペンダントの専門サイトを見てみる





この記事のURLとタイトルをコピーする

-墓じまいをした後の供養方法

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2020 AllRights Reserved.