墓じまいをした後の供養方法

自宅安置をするメリット・注意点・費用・手続きまとめ

更新日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

近年では亡くなられた方の遺骨を自宅の仏壇に安置したいと考える方が増えました。

自宅安置は手元供養の一つで、家族など自身と縁のある人の遺骨であれば法律に反することはありません。

果たしてどんなメリットや注意点があるのか見ていきましょう。

スポンサーリンク




自宅安置のメリットとは

遺骨に関してはお墓に入れたり散骨したりといった方法が一般的です。

しかし、遺骨を自宅安置して手元供養するのも選択肢の一つで、他の方法と異なるメリットを以下ではまとめてみました。

  • 遠くのお墓に納骨するよりも手元で故人を偲べる
  • ご自宅に安置する期間は家族で自由に決められる
  • タイミングを見計らって自分たちの思う通りの散骨ができる
  • 遺骨のほとんどを散骨して少量を手元に残す選択肢もある
  • 暗くて寒く、冷たいイメージのあるお墓の中に入れずに済む

小さな骨壺などに遺骨を入れて手元供養する形となり、故人を傍で感じることができます。

骨壺はデザインや素材が多種多様で好みのものを選択できますし、現在では故人の趣向に合わせてオーダーメイドで作る方も増えました。

「納骨をしなければならない」「この日に行わなければならない」とは決められておらず、家族で話し合って今後のやり方を変えられます。

>>おすすめのミニ骨壷はこちらからご覧ください

自宅安置をする際の手続き

お墓から自宅安置へと変更するに当たり、改葬の許可を取らなければなりません。

本来であれば次のお墓がないとお骨を出すことはできず、市役所へと改葬の申請をして許可を得た上で移す形となります。

しかし、近年では以下のように様々な理由でお墓を引き上げる墓じまいをするケースが増えました。

  • 「子供がいない」「女の子ばかり」と墓守の後継者がいない
  • 遠い場所にお墓があって高齢の身体では厳しい
  • 金銭的な理由でお墓の維持管理が難しい

そこで、市町村役場でも改葬の理由で「ご自宅安置」と表記すればお墓から出すことができ、遺骨を自宅で保管するのは法的に全く問題はないのです。

大切なのは供養の方法ではなく供養したいと考える気持ちですし、手続きは難しくないので選択肢の一つとして考慮してみてはいかがでしょうか。

自宅安置の費用

遺骨を自宅安置する際には骨壺の購入費用がかかります。

遺骨を収納するケースのような存在が骨壺で、安いもので2,000円、九谷焼など高級なものであれば15万円~と天井知らずです。

相場としては1万円~2万円程度と考えて良く、自宅安置で高額な費用が発生することはありません。

>>おすすめのミニ骨壷はこちらからご覧ください

スポンサーリンク




自宅安置をする際の注意点

自宅安置するに当たり、まずは全てのお骨を自宅に置くのか一部を置くのか話し合って決めましょう。

全てを自宅に安置する

  • 大きな仏壇は置けないが小さな仏壇は欲しいと登場したのが始まり
  • 仏壇の下部にお骨をおさめるスペースが確保された仏壇もある
  • 骨壺に全骨を収納する能力を持っていない場合はパウダー状にして体積を減らす

一部を自宅に安置する

  • 20g(スプーン1杯程度)を綺麗な小瓶や手元供養品におさめて飾る
  • 「散骨をする」「永代供養する」と合祀になる供養をしたい方におすすめ
  • 石やセラミックに加工して保管するタイプもある

このような違いがあり、骨壺や小瓶で保管する点では一緒です。

しかし、遺骨を長期保管するに当たって湿気に弱くカビが生えやすいので注意しなければなりません。

「厳重ならば大丈夫」「空気は入らない」と考えている方は多く、確かに遺骨には菌の繁殖に必要な栄養素がないので爆発的に増えることはないでしょう。

それでも、劣悪な環境であれば増殖しやすいので、カビや臭いが気になる人はパウダー化(粉骨)して密封性真空パック袋や桐箱包装で保管すべきです。

タイミングを見て散骨できるメリットもありますし、自宅安置を選択肢の中に入れてみてください。







この記事のURLとタイトルをコピーする

-墓じまいをした後の供養方法

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2019 AllRights Reserved.