恋活・出会い

素敵な出会いのためには、工夫が必要です!(プロフィールの書き方)

スポンサードリンク

更新日:

出会い系サイトを利用する目的は、もちろん「素敵な出会い」です。

では、そのために必要なものは、なんでしょうか?

「積極的な行動」? もちろん、大事です。

「うまい文章」? メールでのやりとりでは、効果があるでしょう。

「かわいい写真」? 第一印象は重要です。

それぞれとても大事なことばかりですが、実は「プロフィール」もとても重要なのです。

ここでは、出会いのための重要なツールである「プロフィール」について、その書き方や注意すべき点を詳しく説明します。

スポンサードリンク

出会い系サイトで出会うためには?

少し古い情報ですが、楽天ウェディングが既婚者1,215名に出会いの場についてアンケートを行いました。

それによると、「出会い系サイト」で出会ったと回答した人は4.9%で5位となっています。

そして、その後の結婚生活がうまくいっているかどうかの質問には、80%以上の人がYesと回答しています。(出典:http://wedding.rakuten.co.jp/future/contents001.html

つまり、20人に1人は出会い系サイトで出会ってゴールインし、そのうちのほとんどが幸せに暮らしているということですね。

出会い系で出会ったことはまだまだ言いにくい傾向がありますので、実はもっと多いかもしれません。

もちろん、結婚までは考えていない人でも、「素敵な出会い」をしたいと考えている人がほとんどだと思います。

そのためには、アピールしなければいけません。

「右に倣え」では、運すらついてくるかどうか分かりません。

出会い系サイトでは、自分の写真を掲載できるのはもちろんのこと、日記やつぶやき、動画や声を掲載することができるところもあります。

それらを活用して自分をアピールすることができれば、「素敵な出会い」が現実になる確率は上がるでしょう。

そのもっとも基本になるのが、「プロフィール」です。

プロフィールは、男性があなたを知り、興味を抱かせるための入り口なのです。

しかし、ただの自己紹介は書けても、興味を抱かせるために、「どうすればいいのか、分からない」のが正直なところでしょう。

いくつかの選択肢から選ぶ項目にしても、正直に答えたほうが良いのか、ウソをついてもいいのか悩みます。

自由記入欄などは、一言二言書くたびに筆が止まります。

どんな内容を書けば「印象が良い」のか、どこまでならウソを書いても許されるのかは、もちろん絶対的な基準などありません。

けれども、一般的な傾向はあります。

その傾向を押さえておくことこそ、数万人の会員の中から自分が選ばれるための第一歩なのです。

プロフィールで、興味がなくなる?

出会い系サイトは、お互いのことをなにも知らない状態でやりとりがスタートします。

そこで最初に得られる情報が、プロフィールです。

つまり、最初にメールをしよう(返そう)と思うかどうかは、プロフィールにかかっていると言っても言い過ぎではありません。

そのため、「プロフィール未記入」は論外です。

仮にプロフィール未記入の状況でメールが送られてきたとしましょう。

その男性がなにを考えてメールを送ったのか、容易に想像できると思います。

その男性は、誰でも良いのです。そんな相手と素敵な出会いができるとは思えませんよね?

もちろん、何か書いてあっても、「よろしくお願いします」と一言書いてあるだけだったり、テンプレ的なものだったりしても、結果は同じです。

綺麗な写真につられてアクセスしても、プロフィールが残念であれば、男性は興味を失くします。

例えば、次のようなものです。

  • 一言しか書いていない
  • ネガティブなことしか書いていない
  • マニアックすぎる内容(インディーズや洋楽など)
  • 美容と健康の悩みだけが書いてある
  • 高学歴、高給自慢

もちろん、男性によってはヒットする場合もあるかもしれません。

しかし、一般的に良い印象を与えにくい内容で、自分から門戸を狭めるのは、得策ではないでしょう。

プロフィールの書き方

プロフィールに書くべき内容には、いくつかのポイントがあります。

それらを押さえるだけで、さりげないアピールができます。

基本情報は、きちんと埋めること

出会い系サイトによって内容は違ってきますが、ニックネームをはじめ、おおむね以下のような基本的な情報が登録できるようになっています。

  • ニックネーム
  • 年齢、身長、体型
  • 学歴
  • 職業
  • 年収
  • 交際ステータス(独身や既婚など)
  • タバコ、アルコール
  • 自己評価

ニックネームについては、必ず呼びやすいものにしましょう。

記号や難しい漢字などを使って個性を出そうとする人もいますが、オタクな印象を与えるため、避けたほうが無難です。

基本情報のその他の項目については、男性が女性を検索する際のフィルターとなるものがほとんどになります。

そのため、未記入というのは一番避けなければいけません。

しかし、正直に書いてしまうと逆効果になる場合がありますので、許される範囲でウソを吐いてかまいません。

項目ごとに説明しましょう。

年齢、身長、体型

これらは、そもそもざっくりした選択肢から選ぶものですので、あまりナイーブに考える必要がない場合が多いです。

ただ、会ってしまえばすぐにバレるところですので、あまりかけ離れた選択肢を選ばないほうが良いでしょう。

学歴

あまり具体的な内容(学校名など)は書かず、大卒、短大卒、高卒といった程度で十分です。

女子大卒や女子校卒の場合はアピール材料になりますが、それでメールを送ってくるような男性と出会いたいかどうかは、考え物ですね。

職業

こちらも、ざっくりとした「事務職」「営業」「販売職」などで十分でしょう。

もちろん、「看護師」や「保育士」などはアピールポイントとして大きいですし、話題にもなります。

年収

年収については、正直に書くのは避けたほうが無難です。

男性は自分よりも高い年収の女性には、コンプレックスを抱いてしまいます。

そのため、少し低めにしたほうが良いでしょう。

交際ステータス(独身や既婚など)

独身や既婚、シングルマザーなど、正直に書くべきところでしょう。

この点でウソを吐くと、後々必ず不幸になります。

タバコ、アルコール

この2つは意外と重要な情報です。特にタバコについては、あまり良い印象のない男性が多くなっていますので、「吸わない」と設定するのに越したことはありません。

喫煙者でも女性の喫煙を好まない人は多いです。

しかし、会えばバレることですので、正直に登録するか、禁煙するしかないでしょう。

また、アルコールについては、「少し飲む」程度が適切です。

実際に飲めない場合は別にして、「飲まない」という選択肢は、あまり社交的ではない印象を与えます。

逆に「飲む」女性を苦手とする男性もいますので、注意が必要です。

自己評価

自己評価は、下のようないくつかの項目を5段階で表すパターンが多いようです。

  • かわいさ
  • セクシー度
  • 清潔度
  • オシャレ度
  • かしこさ
  • やさしさ
  • あかるさ
  • 誠実さ

評価が低いと、ネガティブな印象を与えてしまいますので、3以上の評価にしましょう。

しかし、評価5ばかりだとナルシストだと思われます。適度にばらすようにしたほうが無難です。

相手への希望は、ある程度の範囲をもって

次に、相手への希望条件も設定できるサイトが多いです。

ここは、ある程度正直に書くことで、自分の好みではないタイプの男性をシャットアウトできます。

しかし、あまり正直に絞ってしまうと、出会いの可能性を自分で摘んでしまっていることになりますので、やりすぎてはいけません。

例えば、希望の年齢を「20代前半以下」にするのと「30代前半以下」にするのでは、あなたに興味を示す男性の数は大きく変わってくるでしょう。

ただし、20代から50代などとあまりに範囲を広げすぎると、「誰でも良い」といった印象を与えますので、ほどほどにしなければいけません。

自由コメント欄で、想像させる内容を

プロフィールには、必ず自由コメント欄があります。

基本情報があっても、自由コメント欄が空白だと、多くのチャンスを逃してしまう可能性が高いです。

そのため、特に力を入れるべき項目です。

記載するときの注意点は、以下の4点です。

  • 短所と長所は必ずセットで
  • 趣味は、無難なもの8割、奇抜なもの2割
  • 容姿の説明は、具体的に想像できるもの
  • どんな出会いをしたいのかを具体的に

短所と長所は必ずセットで

例えば、ただ「人見知り」という短所だけではなく、「人見知りですが、打ち解けたら人懐っこくて明るいと言われます」といった感じのセットにするわけです。

こうすれば、「打ち解けさせてみせる」と男性の気持ちをかき立てられるかもしれません。

趣味は、無難なもの8割、奇抜なもの2割

また、読書や映画などの無難な趣味は、問題があるわけではないですがアピールにはなりにくいものです。

そのため、「読書が好きです。恋愛小説が多いですけど、たまに深海魚事典を見てほっこりしています」などとすれば、印象に残りやすいでしょう。

なにより、話題になりますので、メールをもらえる可能性も上がります。

容姿の説明は、具体的に想像できるもの

見た目は写真を掲載することもできますが、さすがに顔がはっきりと分かる写真は怖いでしょう。

そのため、プロフィールに容姿の特徴を記載することになります。

しかし、この点が重要です。

ここで、うまく男性の妄想をかき立てる書き方ができれば、男性が勝手に理想像を作ってくれるのです。

そうなれば、後々のメールがとても楽になります。

例えば、「丸顔で大きな瞳」ではなく、「じっと見つめてると『子猫みたい』とよく言われます。

たぶん顔が丸くて目が大きいからだと思います」といった具合です。

このプロフィールを読めば、男性の中に「子猫のようにかわいい子」という印象ができあがるでしょう。

どんな出会いをしたいのかを具体的に

出会ったらどんなことをしたいのか、ということも書いておくことで、男性の妄想を刺激することができます。

例えば、「お休みの日に、ゆったりゴロゴロしたいなあ」といった具合です。

容姿の記載と合わせることで、男性の中にあなたと過ごしている姿を妄想させることができます。

そこまでくれば、メールでそれほど工夫する必要もあまりないでしょう。

まとめ

  • プロフィールは、相手に興味を抱かせるための入り口
  • プロフィールは必ず記載すること
  • 基本情報はある程度おおまかに
  • 男性の妄想をかき立てる、具体的な記載をすること

このような工夫をすることで出会いやすくなります。

ぜひ出会い系に登録した上で使ってみてください。

よく読まれている人気記事

1

学生時代からの友人と久しぶりの女子会ラン ...

2

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが ...

3

「いつも肌がカサカサして乾燥している」 ...

-恋活・出会い

Copyright© 女子力Navi , 2019 AllRights Reserved.