恋活・出会い

出会い系サイトで付ける名前(ニックネーム・ハンドルネーム)はどうすればいいのか?

スポンサードリンク

更新日:

出会い系サイトの登録時、最初に考えるのが名前だと思います。

ニックネームやハンドルネーム、そのまま名前などと、出会い系サイトによって呼び方は違いますが、登録情報のトップにあるものです。

相手の男性が最初に目にするものですので、第一印象が名前で決まることもあります。

つまり、名前だけで「やめておこう」と思われることすらあるということですので、気を付けなければいけません。

そんな名前について、詳しく解説していきましょう。

スポンサードリンク

名前を考えてみましょう。

名前は、ある程度の第一印象を左右するものですので、しっかりと考えておきたいものです。

しかし、考えすぎても逆効果と言えますので、気を付けるべきものでもあります。

名前を考えるとき、もっとも大事なのは、「使いやすい(呼びやすい、名乗りやすい)」ということです。

自分からキチンと名乗れないようなものや、その名前を直接呼ばれたときに照れてしまうようなものは、選ぶべきではありません。

本当に理想の人と出会えたとして、その人を前に名乗る場面を考えてみましょう。

その素敵な彼に、その名前を呼ばれるシーンを想像してみましょう。

奇抜な名前は難しいですよね。

また、なかなか読めない漢字を使ったり、発音が難しい英単語を使ったりすることなども、相手のことを考えれば避けるべきだということが分かると思います。

ここまでの話で、考えれば考えるほど悩んでしまうかもしれません。

しかし、安心してください。最適な名前を作るのは、いくつかのポイントを押さえるだけで良いのです。

名前は名前から考えよう

名前を考える方法には、以下のようなものがあります。

  • 本名をそのまま
  • 本名の一部だけ
  • 本当のあだ名を使う
  • キャラクターや有名人などから借りる

もちろん、他にもあるかもしれませんが、あまり複雑なものはよくありません。

名前は、名前から考えるのが妥当なのです。

本名をそのまま

もちろん、本名を本当にそのまま使うのは、個人の特定につながってしまうことがありますので、よくありません。

そのため、ちょっと変化させて使うのがポイントです。

もっとも簡単な方法は、自分の本名の姓か名前のどちらかだけを、ひらがなやカタカナで表記するだけです。

たいていの場合、そのまま使えます。

また、ひらがなであれば、柔らかく可愛い印象になりますので、そういったキャラが良い場合は特におすすめです。

ただ、よくある名前の場合は、あまりおすすめできません。

人気のある男性は複数の女性とやりとりしている可能性もありますので、ありふれた名前だと間違えられたり、忘れられたりしかねないからです。

本名の一部だけ

もし、ひらがなやカタカナにするだけではありふれた名前になってしまうのであれば、そのままではなく一部だけ切り取るのが良いでしょう。

ひろこであれば、「ひろ」、あやかであれば「あや」、やまもとゆうこなら、「やまゆう」でも良いかもしれません。

この方法の利点は、「本名の一部だけなので個人の特定につながる確率が下がる」ということだけではありません。

語呂が良くて、呼びやすい名前になるということなのです。

この、「呼びやすい」という点は、名前を考える上で非常に重要な部分ですので、意識しておきましょう。

本当のあだ名を使う

すでに自分に付けられていたニックネームを付けてしまう、というのも良い方法です。

「名前を呼びやすい」という点では、すでに付けられているあだ名ほどスムーズなものはあまりないでしょう。

もちろん、よほど変なものや、本名そのままなどは避けた方が良いですが、とても簡単で親しみやすい名前になるのがほとんどですので、おすすめできます。

また、すでに呼ばれ慣れているあだ名であれば、いざ本当に会って話をすることになっても、スムーズな反応をすることができます。

その後の発展を考えれば、重要な点ですね。

キャラクターや有名人などから借りる

好きなアニメや漫画、そして歌手などがいる場合には、それらの名前を利用してみるのも良い方法です。

特に男性に人気のあるアイドルやキャラクターであれば、男性が勝手に妄想してくれる可能性があります。

もちろん、あまりに自分とかけ離れているキャラクターでは負担にしかなりませんが、男性が妄想で好意を持ってくれるようになるのは、悪いことではありません。

ただし、有名人のフルネームをまるまるそのまま使うと、あからさますぎて逆効果になります。

実際に会ったときのギャップが、大きすぎることになるでしょう。

また、サクラの中には芸能人の名前を騙ってメールをするタイプのものもあるため、あらぬ疑いをかけられてしまう可能性もあります。

そのため、有名人の名前をフルネームでそのまま使うのは避けた方が良いでしょう。

名前を決めるときのコツ

名前を考えるのに妥当な方法を使っても、結果的にあまりふさわしくない名前になることはあります。

名前を考えるに当たって重要なポイントは、次の3つです。

名前ができたら、これらの点を押さえているのかどうか、改めて確認してみましょう。

  • 分かりやすく読みやすいこと
  • 入力しやすいこと
  • 自分が呼ばれたいこと

この3つの条件を最低限押さえておけば、それほど突飛な名前にはならないと思います。詳しく説明しましょう。

分かりやすく読みやすいこと

特に漢字やアルファベットを使う名前に多いのですが、実際にどう読めば良いのか分からない名前があります。

例えば、武井咲さんは、「たけいさき」ではなく、「たけいえみ」です。

また、木村文乃さんは、「きむらあやの」ではなく「きむらふみの」ですね。

名前の設定を「文乃」にしてしまうと、男性は「ふみの」と読むべきか「あやの」と読むべきか分からず、聞くに聞けずに会うのを躊躇する可能性もあります。

漢字にするのであれば、一般的に複数の読み方があるような名前は避けた方が無難です。

入力しやすいこと

正しい読み方が分からなければ、多くの場合は入力時にうまく変換できません。

そのため、メールを書くのが面倒になってしまうこともあります。

「読みやすい」というのは重要なポイントです。

ただし、いくら読みやすくてもカタカナとひらがなが混じっていたり、漢字とアルファベットが混じっていたりするのは、いけません。

これこそ、入力の手間が多く、本当に面倒がられてしまいます。

結果的に、メールの中に名前がまったくないことが多くなったり、返信がなくなったりしてしまうでしょう。

相手がメールを送りやすい名前=変換しやすい名前と考えた方が良いです。

自分が呼ばれたいこと

相手のことを考えて、読みやすくて入力しやすい名前にするのは重要です。

しかし、もっとも重要なのは「会って話すときに自分がどう呼ばれたいか」です。

この点をないがしろにしては、出会い系サイトでの自分を好きになれませんので、あまり長続きしません。

自分が呼ばれたい名前にすれば、常に男性からメールでその名前を使って呼びかけられますので、それだけでモチベーションがあがりますよね?

その気持ちはもちろんメールにも表れますので、メールの内容も楽しいものになってくると思います。

そして、順調に進んで実際に出会うことになれば、なおさらです。

好きな名前で呼ばれることで表情も明るくなり、きっと良い印象を与えることができるでしょう。

相手に名前(本名)を聞かれた・聞く場合

良い名前を考えて、メールも順調に進んで来ると、必ず「本名を聞かれる(聞く)」タイミングが出て来ると思います。

そんなとき、どうすれば良いでしょうか。

本名を聞かれたら?

もちろん、相手の男性とのやりとりの回数や親近感などもありますので、一概にいつが良い悪いというのは決められません。

ただしポイントがあります。それは、「相手をどこまで信用しているか」「相手とどんな関係を望んでいるか」ということです。

ある程度メールのやりとりをした後なら、信用できるかもしれません。

もちろん、出会ってからなら、なおさら信用度は高くなると思います。

その上で、将来的に「恋人になりたい」といった「将来への希望」の気持ちがある場合は、本名を教えるのも悪くはありません。

ただし、必ず、相手が本名を名乗ってから尋ねているかを確認しましょう。

名乗ってから尋ねているのであれば、(それが偽名だとしても)最低限のマナーはわきまえている人だと解釈できます。

また、もし本名を伝えるとしても、フルネームを伝えない方が無難です。

フルネームを伝えてしまうと、Google検索やFacebookなどで、個人を特定されてしまう可能性がありますので、できれば避けるべきでしょう。

相手の本名を聞くタイミング

逆に、長期間メールをしていても、まったく本名を名乗らない(聞いてこない)男性もいます。

その場合は、どのタイミングで本名を尋ねるべきでしょうか?

もちろん、そのタイミングは気になったときで良いです。

しかし、本名を尋ねるのであれば、こちらも本名を名乗るのが礼儀です。

つまり、上述したような「相手への信用」と「将来への希望」の条件が揃ったとき、というのが、本名を尋ねるタイミングと言えます。

なお、もしそれで本名を答えてもらえなかったら、そこまでと思って引き下がった方が良いかもしれません。

もちろん、メールのやりとりが楽しければ続けても良いですが、おそらくそれ以上の発展は期待できないでしょう。

まとめ

  • ニックネームは名前を元に考える
  • 読みやすい名前にする
  • 入力(変換)しやすい名前にする
  • 自分が呼ばれたい名前にする
  • 「相手への信用」と「将来の希望」がある場合のみ、本名を伝える
  • フルネームの本名は伝えないこと

よく読まれている人気記事

くろあわわでいちご鼻解消 1

学生時代からの友人と久しぶりの女子会ラン ...

2

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが ...

3

「いつも肌がカサカサして乾燥している」 ...

-恋活・出会い

Copyright© 女子力Navi , 2019 AllRights Reserved.