便秘

便秘薬や下剤の常用はNG!カイテキオリゴがオススメの理由を解説

スポンサードリンク

更新日:

便秘にお悩みの方の中には、便秘薬や下剤に頼っている方がいるかもしれませんね。

お手軽かつ確実な対策と思えますが、便秘に良い影響を与えないことをご存知ですか。

便秘薬や下剤に潜むリスクとこれらに代わるオススメの対策を紹介します。興味のある方は参考にしてください。

スポンサードリンク

便秘薬、下剤を飲んではいけない理由とは

便秘が続くとお腹が痛くなる、お腹が張るなどの症状が現れるので困りますよね。

辛い症状を改善したい方の中には、市販の便秘薬や下剤を利用している方がいるはずです。

気軽に利用しがちな対策ですが、頼りすぎると弊害があるといわれています。

腸内フローラのバランスが崩れてしまう

便秘薬や下剤には様々な種類があります。

働きで分類すると刺激性下剤と機能性下剤に分かれます。

刺激性下剤とは、大腸や小腸を刺激して蠕動運動を活発にするとともに腸内の水分量を増やして排便を促す便秘薬・下剤です。

機能性下剤とは、便の水分量を増やして便を柔らかくすることなどで排便を促す便秘薬・下剤です。

一般的に、刺激性下剤の方が効き目は強いといわれています。

よく効くので支持を集めているのが、刺激性下剤に分類されるアントラキノン系の下剤です。

アントラキノン系の下剤は、配合されている成分が特定の腸内細菌によりレインアンスロンという成分に作り替えられることで腸の蠕動運動を活発にして排便を促します。

使い始めはよく効きますが、使い続けると腸内細菌が減るなど腸内フローラのバランスが崩れるため効き目は弱くなります。

使用する量を増やすことで効き目は改善しますが、同じことを繰り返すので悪循環に陥ってしまいます。

最終的には、便秘薬・下剤がないと排便できなくなり便秘は悪化するといわれています。

効き目や働きに違いはありますが、その他の便秘薬・下剤も無理やり排便を促すものであることは同じです。

便秘を根本的に改善するものではないので、一時しのぎにしかなりません。

便秘薬・下剤を使い続けることで腸の働きは衰えるので自力で排便しづらくなります。

この状態を改善するため便秘薬・下剤の使用回数・量を増やすと、腸内フローラのバランスまで乱れる恐れがあります。

腸内フローラのバランスが乱れると思わぬ弊害が現れるかもしれません。

腸内フローラが崩れる弊害とは

腸内には、健康に良い影響を与える善玉菌・健康に悪い影響を与える悪玉菌・健康に良い影響も悪い影響も与える日和見菌が生息しています。

それぞれが仲間同士で塊を作り腸内に生息している姿がお花畑に見えることから、その様相を腸内フローラといいます。

腸内フローラのバランスが崩れる、すなわち悪玉菌が優勢になると、腸の働きは悪くなります。

腸の働きが悪くなると便秘をはじめとした排便トラブルを起こしやすくなります。

便秘薬や下剤で排便を無理やり促し続けていると、さらに便秘がひどくなることがあるのです。

また、排泄すべき老廃物が腸内に留まると、悪玉菌が腐敗させて発がん性物質などの有害物質を作り出します。

これらが腸から吸収されて全身を巡ると、体調不良や肌荒れなど便秘とは無関係に思えるトラブルが引き起こされます。

辛い症状を緩和するため何気なく使用した便秘薬や下剤で、便秘がさらにひどくなることや便秘以外のトラブルを引き起こすことがあるのです。

便秘の根本的な改善にはつながらない便秘薬や下剤の使用は、慎重に検討したほうが良いといえるでしょう。

カイテキオリゴはオリゴ糖と食物繊維を一度に摂取できる

便秘の原因は人により異なりますが、どのような便秘でも腸内フローラのバランスを整えることは重要と考えられています。

腸内フローラの乱れが便秘の原因になることや便秘の結果として腸内フローラのバランスが乱れて便秘がひどくなることなどがあるからです。

腸内フローラのバランスを整える方法として注目を集めているのがプロバイオティクスとプレバイオティクスです。

プロバイオティクスはヒトの身体によい影響をもたらす微生物を含む食品のことならびにそれを食べることです。

プレバイオティクスは腸内の善玉菌のエサになる食品ならびにそれを食べることです。

プロバイオティクスの代表的な食品が様々な善玉菌を含むヨーグルト、プレバイオティクスの代表的な食品がオリゴ糖と食物繊維です。

プロバイオティクスの問題点は、効率よく働く善玉菌が人によって異なることです。

自分に合った善玉菌を探さないと効率よく腸内フローラを整えることはできません。

そこでおすすめなのがプレバイオティクスです。

プレバイオティクスであれば、腸内に生息する善玉菌の繁殖を促すことができます。

もちろん、善玉菌には様々な種類があるので、腸内に届けるエサにはこだわらなくてはなりません。

好みとは異なるエサを届けても効率よく活性化できないからです。

これらの点に配慮したサプリメントがカイテキオリゴです。

カイテキオリゴには、腸内に生息する幅広い善玉菌を活性化する複数のオリゴ糖が配合されています。

また、腸内細菌のエサとして適している水溶性食物繊維を豊富に含むアカシヤ食物繊維も配合されています。

乱れた腸内フローラのバランスに効率よくアプローチできるサプリメントといえるでしょう。

一時しのぎの対策ではなく、根本的な対策をお探しの方にオススメです。

まとめ

便秘のつらい症状にお悩みの方は即効性を期待できる便秘薬や下剤を利用すると良いかもしれません。

ただし、これらを使い続けると腸の働きが悪くなる、腸内フローラのバランスが崩れるなどによって、便秘がますますひどくなるおそれがあります。

あくまでも一時しのぎの対策なので、利用は慎重に検討しましょう。

根本的な対策をお探しの方にオススメなのがプレバイオティクスです。

プレバイオティクスの代表として挙げられるのがオリゴ糖と食物繊維です。

カイテキオリゴはこれらをバランスよく含んでいます。

腸内の善玉菌の好みまで考えて複数のオリゴ糖を組み合わせているので、効率よく腸内フローラにアプローチできると考えられます。

一時しのぎではない対策をお探しの方にオススメです。



よく読まれている人気記事

1

女性のお肌やダイエットなど美容をトータル ...

くろあわわでいちご鼻解消 2

学生時代からの友人と久しぶりの女子会ラン ...

3

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが ...

4

「いつも肌がカサカサして乾燥している」 ...

-便秘

Copyright© 女子力Navi , 2019 AllRights Reserved.