身体の悩み

顔汗が原因でニキビや肌荒れが起こる原因を知っていますか?

スポンサードリンク

更新日:

顔汗はせっかくのメイクも崩してしまいますし、いつでも汗を拭ける状態でないとなるととても厄介です。

夏場の仕事や外を出歩く時にも顔汗対策が欠かせなくなります。

毎年対策に追われている人も多いと思いますが、顔汗は汗をかくのが厄介なだけでなく、ここからニキビや肌荒れを起こすこともあるのです。

では、なぜ顔汗からニキビや肌荒れになってしまうのでしょうか?

スポンサードリンク

顔汗が原因でニキビが出来る理由

顔汗でニキビができる原因としては、次のようなことが考えられます。

汗の質によってニキビができている

汗の質も人それぞれです。

さらっとした汗もあれば皮脂がたっぷりのベタっとした汗をかくこともあります。

この汗の中でも皮脂がたっぷり含まれているような汗はニキビの原因となってきます。

夏に汗をかくのはもちろんですが、冬場でも顔汗をかくことはあります。

そして、実際には冬にかく顔汗の方が成分が濃いと言われており、冬場の方が顔にニキビができやすくなるという人もいるのです。

汗を放置している

汗というのはそもそもは老廃物であるので、体の中からいらなくなったものを外に出してくれるという役割があります。

つまりは汗をかくことでデトックスになっているので、これはニキビ予防につながるはずです。

しかし、顔汗を拭かずにそのまま放置していては逆効果となってしまいます。

汗にはいろんな菌が混じり合っており、そのまま放置していることで結局ニキビを作ってしまうことにもなるのです。

顔汗の拭き方にも注意が必要

そして、顔汗を拭く時もゴシゴシとタオルで拭くのではなく、優しく拭くことがポイントです。

強くこするように拭いていると余計にお肌を傷めてしまい、これがまたニキビを招くことがあるのです。

顔汗の拭き方もきちんと意識していきたいですね。

顔汗が原因で湿疹ができる理由

顔汗でニキビができるのも困りますが、湿疹ができるのも痒みも生じるので不快感を伴います。

では、顔汗から湿疹ができる理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

皮膚の上には常に菌がついている状態なのですが、これらの菌はバランスを保ちながら顔の上にいます。

しかし、顔汗をかくと汗と一緒に皮脂も出てきます。

この皮脂は空気に触れることで酸化するのです。

皮膚は通常弱酸性を保っているのですが、顔汗をかいて皮脂も一緒に皮膚に付くことによってアルカリ性へと変わっていきます。

これを肌の酸化というのですが、酸化するとお肌にも異変が生じるようになります。

アルカリ性になると、お肌はちょっとした刺激でも敏感に感じ取るようになるのです。

これは皮膚上の菌のバランスが崩れてしまっているために起きる症状であり、お肌はいつもよりデリケートな状態へとなっていくのです。

お肌が敏感になると、いつもは何ともないものでも刺激となって感じてしまいます。

その場合に多く現れるのが湿疹であり、痒みが出てくるのです。

スポンサードリンク

顔の肌荒れを防ぐにはどうしたらいいの?

顔汗からはニキビや湿疹といった肌荒れを起こしてしまうのですが、これらを防ぐためにはどんなことに気をつければ良いのでしょうか?

ここでは、対策をポイントごとにまとめていきます。

顔汗をまめに拭き取る

顔汗さえかかなければ防げるとも言えるので、汗をかいてしまったら早めに拭き取ることです。

よって、顔汗をかきやすい時期にはタオルハンカチを携帯するようにしておくと安心です。

顔汗が気になったらすぐに拭くというのを徹底してみましょう。

また、使っているタオルが清潔でないと意味がないので、夏場は特にタオルをまめに変えることも気をつけてみると良いです。

顔汗はかいたら拭く、これを基本にしていくとニキビや湿疹になる前に防ぐことができるのです。

そして、顔汗を拭く時には強くこすらないように優しく抑えるようにしながら拭いていきましょう。

ゴシゴシこするのは厳禁です。

お肌を傷つけてしまうのでおすすめできません。

タオルも綿素材やガーゼを選ぶようにして、しっかり汗を吸い取ってくれるものを使いましょう。

洗顔料はお肌に優しいものを

顔汗をたくさんかいてしまった日はお風呂に入って洗顔をする際にも念入りにこすりたくなってしまいますが、これも危険です。

お肌には必要な皮脂というものもあり、これまで奪ってしまうと肌荒れの原因になってしまいます。

そこで、洗顔料を使う際にはできるだけお肌に負担のない優しいものを選び、しっかり泡立てた上で泡で包み込むようにして丁寧に洗っていきましょう。

泡を流す時はぬるま湯でこすらないように落とすのもポイントです。

強くこすって洗うと流れてしまった皮脂を補おうとして、お肌はさらに皮脂を分泌するようになります。

そして、洗顔後のスキンケアも保湿を重視で行っていきましょう。

顔汗をかくときにはさっぱりとした使い心地のものを選びたくなってしまいますが、できればしっかり保湿してくれてさらっとした使い心地のものを使うとベストです。

寝る前のスキンケアは保湿重視で丁寧にお肌に馴染ませていきましょう。

メイクの厚塗りはNG

顔汗ですぐにメイクが落ちてしまうから厚めに塗っておかないとと思ってしまいますが、メイクの厚塗りは肌荒れの原因になってしまうのでやめましょう。

メイクを厚く塗ってしまうことで毛穴がふさがってしまい、汗腺が正常に働かなくなります。

ファンデーションを重ねすぎることで皮膚は呼吸ができなくなるので、これもよくありません。

そこで、紫外線対策などはベースメイクでしっかりとしていき、あくまでも塗りすぎないようにしていきましょう。

薄づきでもきれいに仕上がるファンデーションもありますし、リキッドではなくパウダータイプを選ぶだけでもお肌がべたつかずに済みます。

メイクが崩れるのを防ぐために必死になってしまいますが、お肌に優しいものを薄く付けるということを心がけてみましょう。

その上で顔汗をかいてしまったら早めに拭くと大きなメイク崩れも起こさずに済みます。

まとめ

顔汗はかくと痒くなることもありますし、ニキビとなって目立つこともあります。

顔汗を完全に止めることはできませんが、顔汗から肌荒れを起こす原因を知って正しく対処していけば防ぐことはできるのです。

顔汗の拭き方や普段のスキンケアに気をつけるだけでも肌荒れを防いでいくことはできるのです。

今顔汗からの肌荒れで悩んでいる人は、スキンケアなどをもう一度見直してみるといいかもしれませんね。



よく読まれている人気記事

1

学生時代からの友人と久しぶりの女子会ラン ...

2

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが ...

3

「いつも肌がカサカサして乾燥している」 ...

-身体の悩み

Copyright© 女子力Navi , 2019 AllRights Reserved.