薄毛 身体の悩み

【全体的にボリュームが減った】びまん性脱毛症の原因と対策まとめ

スポンサードリンク

更新日:

薄毛とは無縁と思っていた女性が多いかもしれませんが、最近になって薄毛に悩まされる女性が増えています。

中には、髪の毛が薄くなってきたことに焦りを覚えている方がいるのではないでしょうか。

女性の薄毛の多くはびまん性脱毛症といわれています。

この脱毛症はどのような原因で引きこされるのでしょうか。

また、どのように対処すればよいのでしょうか。

以下で詳しく解説いたします。

スポンサードリンク

びまん性脱毛症の原因とは

鏡を前にして、何となく髪の毛のボリュームが減ったように感じていませんか。

もしかするとびまん性脱毛症かもしれませんね。

びまん性脱毛症とは、男性型脱毛症の女性版で、女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれている脱毛症のことです。

男性型脱毛症では、生え際や頭頂部が局所的に薄くなりますが、びまん性脱毛症では頭部全体がまんべんなく薄くなります。

そのため下記の症状が現れやすいのです。

  • ボリュームが減ってきた
  • 頭皮が透けて見えるようになってきた
  • 髪の毛のコシがなくなった
  • 髪の毛が痩せてきたなど

また、男性型脱毛症では時間の経過とともに髪の毛が減り続けやがて頭皮が完全に露出しますが、びまん性脱毛症では頭皮が完全に露出することはないと考えられています。

同じ脱毛症ですが症状の現れ方に違いがあるのです。

びまん性脱毛症の原因は、男性ホルモンの影響が大きいと考えられています。

男性ホルモンが毛乳頭に侵入して5αリダクターゼ酵素により活性型男性ホルモンに変換されると、毛周期が乱れて成長期が短くなります。

その結果、髪の毛が成長しきる前に抜けて薄毛などにつながるのです。

女性が男性ホルモンの影響を受けると聞くと意外ですが、女性にも男性ホルモンは存在します。

若い女性は髪の毛を育てる女性ホルモンの分泌が盛んなため男性ホルモンの影響をほとんど受けません。

ですが、30代半ばごろに入り女性ホルモンの分泌が減ると男性ホルモンの影響が大きくなります。

その結果、男性と同じような脱毛症に悩まされることになるのです。

びまん性脱毛症は、女性ホルモンの分泌が減少する30代半ば以降、特に更年期頃に現れやすい脱毛症です。

しかし、これらに当てはまらなければ現れないというわけではありません。

若い女性でも女性ホルモンの分泌が減るとびまん性脱毛症に悩まされることがあります。

原因としては、下記のようなものが考えられます。

  • 過度なダイエット
  • 乱れた生活習慣
  • 強いストレス
  • 間違えたヘアケア

びまん性脱毛症が、男性と同じように進行しない理由は女性ホルモンの影響と考えられています。

分泌が減ったとしても男性よりは多く分泌されているため、男性型脱毛症に比べると現れる症状が穏やかなのです。

先ほど紹介した通り、完全にハゲることはないのでお悩みの方は早目に対処していくとよいかもしれません。

びまん性脱毛症の治療方法は?

医療機関で行われているびまん性脱毛症の治療は大きく二つに分かれます。

ひとつがセルフケアでもうひとつがAGA治療です。

セルフケアでは、過度なダイエットや乱れた生活習慣、間違えたヘアケアなどびまん性脱毛症の原因と考えられるものを取り除きます。

上記に加え、髪の毛の成長をサポートする食生活(サプリメントも含む)、頭皮の血行を改善する適度な運動などを行います。

これらの対策でびまん性脱毛症の原因が取り除かれるとボリュームダウンなどが改善することがあります。

セルフケアだけでびまん性脱毛症の改善が難しいときは、内服薬や外用薬などを併用した治療を行います。

多くの医療機関で用いられている内服薬がパントガールです。

パントガールは、女性のびまん性脱毛症を安全に治療できると認められた世界初の内服薬です。

臨床試験によると、3か月の内服で約7割の方の抜け毛が減少し、約2割の方の抜け毛がほとんどなくなったことが確認されています。

副作用がほとんどないので、びまん性脱毛症に悩む女性の有力な治療法のひとつとなっています。

多くの医療機関で用いられている外用薬の一つがパントスチンです。

パントスチンは、活性型男性ホルモンの産生を防ぐことで抜け毛を抑えます。

そのため、男性ホルモンが影響を及ぼしている女性のびまん性脱毛症に高い効果を発揮すると考えられています。

同じく、ミノキシジルを配合した外用薬も広く用いられています。

ミノキシジルは毛母細胞に働きかけて、髪の毛の成長を促進する外用薬です。

男性用の市販薬が発売されているのでご存知の方が多いかもしれません。

ミノキシジルを配合した外用薬を用いる場合は濃度に注意が必要です。

女性が濃度の高い外用薬を使用すると体毛が濃くなるなどの副作用が現れやすいと考えられているのです。

女性がミノキシジルを使用したい方は、医師に管理を任せる、あるいは一般的に進められている1%ミノキシジルを使用するとよいでしょう。

女性のびまん性脱毛症の治療は以上の方法などで行われます。

あるいは、複数の方法を組み合わせて行うこともあります。

いずれにせよ、びまん性脱毛症の原因に合わせた治療を行うことが重要なので、医師が最適な治療法を判断することになります。

逆に言うと、医師の診断で最適な治療法を選べる点が医療機関で行う治療の魅力です。

育毛剤とAGA治療どっちがいいの?

医療機関での治療に魅力を感じるものの、他人に薄毛を知られることが恥ずかしい、コストが気になる、面倒くさいなどの理由で市販の育毛剤に興味を持っている方がいるはずです。

最近では、様々な女性用育毛剤が登場していますが、育毛剤と医療機関で行われているAGA治療のどちらを選べばよいのでしょうか。

びまん性脱毛症に悩む女性が増えているので、最近では女性の育毛剤にも様々な選択肢が登場しています。

中には、ミノキシジルを配合した女性用の育毛剤も市販されています。

これらを使用した女性の中には、薄毛が改善したと感じる方がいるようです。

ただし、効果を実感している方は少数派といわれています。多くの方が効果を実感できない理由は、女性のびまん性脱毛症の原因が複雑だからと考えられています。

女性のびまん性脱毛症は、原因を解き明かしたうえで、有効な治療を行うことが重要なのです。

医療機関で行うAGA治療では、医師が専門的な見地からびまん性脱毛症の原因を検討したうえで、最適と考えられる治療を行います。

治療に用いられる内服薬や外用薬は、客観的に効果・効能を認められたものが中心です。

その多くは、医師の処方が必要なので市販薬として購入できないものです。

つまり、医療機関では、セルフケアとは次元の異なるAGA治療が受けられるのです。

確かに、お手軽な市販の育毛剤は魅力的ですが、効果の面でいうと医療機関のAGA治療のほうが信頼できるといえるでしょう。

育毛剤、医療機関のAGA治療にはそれぞれ良い点があるので、自分に合ったほうを選ぶとよいかもしれません。

医療機関で行うAGA治療に興味を持った方はヘアメディカルビューティーの無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

現在の薄毛の状態を相談するとともに、最適な治療の説明などを受けることができますよ。

まとめ

女性に多い薄毛といわれているのがびまん性脱毛症です。

頭部全体が薄くなっているなど感じている方は当てはまるかもしれません。

びまん性脱毛症は内服薬と外用薬を用いて治療できます。

あるいは、市販の育毛剤で治療を試みることもできます。

いずれにせよ、原因に基づく治療を行うことが重要なので、医師の管理のもと医療機関でAGA治療を受けることがオススメです。

興味を持った方はヘアメディカルビューティーの無料カウンセリングをご利用になるとよいでしょう。



よく読まれている人気記事

くろあわわでいちご鼻解消 1

学生時代からの友人と久しぶりの女子会ラン ...

2

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが ...

3

「いつも肌がカサカサして乾燥している」 ...

-薄毛, 身体の悩み

Copyright© 女子力Navi , 2019 AllRights Reserved.