seo

【備忘録】Bing ウェブマスターツールにサーチコンソールからインポートしたらエラーが起きた際の対処法

更新日:

この記事のURLとタイトルをコピーする

まいど、ボブです。

表題のことをしたらエラーが起きてどうしようも無くなったので備忘録として書いておきます。

結論から言うと、エラー文が出なくなる為に全サイトデータをウェブマスターツールから消しました。

Bing ウェブマスターツールにBeta機能としてインポートが登場

昨日久しぶりにBingウェブマスターツールを見たら、Beta機能としてサーチコンソールからのインポート機能がついていました。

あ、これめっちゃええやん。便利そうやん! と思って早速使ってみました。

すると・・・

エラー警告文が頻繁に出る状態に

インポートし終わったウェブマスターツールを見ていたら、下記のようなエラー文が出ていました。

「エラー これは一時的な問題である可能性があります。やり直すか、後で確認してください。」

え、なんのこと?ってなりますよね。

インポートした後から毎回開くたびにこれが出てきたので、さすがにもうええでということで対策をすることにしました。

行った対策とその結果

行った対策は下記の2つです。

  • 個別に削除
  • 全部削除

それぞれの結果も載せておきます。

個別に削除

まずはサーチコンソールからインポートしたサイトだけ消そうと思いました。

が、なぜか削除のチェックボックスが押せないw

なんでやねん! と思いながら試行錯誤していたら、個別のダッシュボードを開くようにサイト名をクリックしたらチェックボックスが押せるようになりました。

ゲームではよくこんな仕様ありますが、ウェブマスターツールでこんな仕様はいりませんw

で、ようやく全部のサイトに個別にチェックを入れ削除!

「よし! これでエラー出んやろ」と思ってリロードしました。

なんとそこには、削除したはずのサイトが復活していたんです。

THE・ゾンビ

何度か試しましたが、何度削除しても個別削除では毎回復活してきました。

というわけで、次の荒治療に移ります。

全部削除

Bingウェブマスターツールには一括でチェックできるボックスがあります。

これで削除してしまうとサーチコンソールから入れたわけではないデータまで消えてしまいます。

が、エラー文に永遠追いかけられるのは面倒です。

全体のチェックボックスにチェックを入れ、削除!

恐る恐るリロードすると、今回は復活してきませんでした。

VIVA! エラーの出ない管理画面。

幸い登録していたサイト数も少なかったので、またぼちぼち登録していきます。

まとめ

以上、Bingウェブマスターツールでのエラー対策の備忘録でした。

使っている人は少ないと思いますが、同様のエラーが起きた際に参考にしていただけましたら幸いです。





この記事のURLとタイトルをコピーする

-seo

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© とある浪速の調査雑記 , 2020 AllRights Reserved.