離婚

離婚後に必要になる手続きや交渉とは

スポンサードリンク

更新日:

結婚生活に希望を持って婚姻届にサインをしても、実際に結婚生活が始まると良いことばかりではなく、悪いことも起こるようになります。

こうした結婚生活が続いていくうちに離婚を意識するようになる人も少なくありません。

結婚をする場合は婚姻届を提出して受理してもらうことで法的に夫婦であることが認められることになります。

法的に認められている夫婦関係の解消をするためには同じように離婚届の提出をする必要があります。

スポンサードリンク

離婚届の提出

離婚届を提出して受理されることで簡単に夫婦関係はリセットすることができるます。

それぞれが自分の意志できちんと離婚届にハンコを押さないことには離婚をすることができないので注意する必要があります。

それぞれが納得できる離婚であれば問題ないのですが、多くは離婚に対して何らかの意見を持っていることが多く、それがぶつかることによってトラブルになってしまうことは少なくありません。

離婚届の提出をするまでには長い時間を費やすことになる可能性も十分にあるわけです。

そのような状態にならないようにするためにも離婚をする場合は離婚に対しての条件に対して折り合いをつけていくことも必要になります。

ちなみに離婚についても結婚をする場合と一緒で制限がないので、何度も過去に離婚をしたことがあるという人もいます。

これらの履歴についてはすべてが戸籍に残ることになるので、この点には注意した上で離婚を検討することも必要になります。

慰謝料や養育費のルール

離婚問題で泥沼化してしまう原因としてあるのが慰謝料や養育費などお金に関する問題です。

離婚をしても子供がいる場合は別れて終わりではなく、親権を持ってない方も子供が大人になるまではしっかり支援していく必要が義務としてあります。

養育費については収入や子供の年齢などに応じて計算式が決まっています。

毎月どれくらいの養育費が必要になるのかという点については事前に知ることができるようになっているため、調べておくようにしましょう。

また、養育費の支払いを拒否して結局払わないといったケースもあるので法的に養育費の支払い義務があるということを認めてもらうことが大切です。

これであれば法的な効力によって給料から差し引いてもらうなどの処置を受けることが可能になります。

慰謝料については離婚において被害者的な立場にある場合に請求することが出来るお金で、浮気をした場合やDVを受けた場合などがこれに該当し、相手の収入などによって慰謝料も決まります。

協議離婚になってくると互いが慰謝料や養育費についてなかなか妥協しないことが多いです。

よって、弁護士など法律の専門家に入ってもらって提示してもらうことがトラブルの少ない方法にもなります。

また、慰謝料や養育費の発生についてはその時の状況などによっても変わる部分があります。

必ずしも発生するものではないという点にも気を付ける必要がありますが、トラブルにならないように意識するということも大切なことだと言えるでしょう。

面接交渉権について

離婚問題において泥沼化になりやすいのは子供がいる夫婦の離婚。

子供がいない夫婦の離婚の場合は養育費や親権、面接交渉権などの取り決めがないことからスムーズに離婚が成立することも少なくありません。

子供がいる夫婦の離婚において面接交渉権というのが一つのポイントになり、これは親権を得ることができなかった側がどれくらいの頻度で子供に会うことができるかどうかという権利になります。

面接交渉権は協議離婚で離婚が成立しているような場合は特に決めることなく、いつでも子供に会うことが出来るようなスタイルになっていることも多いです。

調停や判決離婚などになると会うことができる回数が制限されていることも少なくありません。

面接交渉権で会うことができると決まっても支払う必要がある養育費などの支払いをしてないと面接交渉権が無くなってしまう可能性もあるので、あくまでもこれは義務をきちんと果たすことで得られる権利であるということに対しての認識も必要になります。

また、親権については基本的に女性側になることが多いです。

ですが、女性側の不倫やDVなどが認められて離婚に至る場合は親権が男性側に移ることもあり、ケースバイケースになっています。

いずれにしても事前にきちんと取決めしておかないとトラブルになってしまうことも想定されます。

そうならないようにするためにはきちんと離婚問題の解決を進めて行くことが出来るように準備しておくようにしましょう。

財産分与について

離婚問題のトラブルとして特に多くなっているのはお金や子供に関することです。

特にお金については子供の有無に関わらず直面する課題になってくるので、離婚を考えている場合は事前にお金についても考えておく必要があります。

円満離婚が離婚の形としてもっとも理想形ですが、財産分与といって互いの財産を分ける際にトラブルが勃発することも少なくないです。

お金の場合であれば半分に分けることも可能ではあるものの、住宅や車などは半分に分けることができません。

双方の話し合いでなかなか妥協点が見つからない場合は弁護士などに入ってもらって財産分与することがおすすめです。

法的な視点によって財産を分けてもらうことができるので安心して依頼することが可能になります。

ちなみに離婚問題についての相談になると離婚問題を解決したことがある法律事務所などに依頼して仲介してもらうことが一般的となっています。

無料相談などに対応しているところも多くあるので相談料の節約を図ることも可能になります。

最近はインターネットの利用をすることによってそれぞれの法律事務所の情報などを集めることができるようになっており、実際に離婚問題の依頼をした人の口コミ情報なども把握することができます。

まとまったお金がかかってくることも想定されるので、できるだけ信頼できるところやこれまでにたくさんの実績がある法律事務所を選んで実際に離婚問題についての解決を依頼したいものです。

スポンサーリンク


離婚前後の注意点

離婚したいと思ってから実際に離婚届の提出をすることができるまでは決して楽な道ではなく、場合によってはかなりの時間を要することになります。

特に協議離婚で話しが決まらない場合は長期化が懸念されるところです。

離婚前後の注意点としては協議をする機会がある場合はそこでトラブルになることも多いのですが、これといって相手に悪いところが双方にない場合は上げ足の取り合い合戦になります。

冷静さを欠いた方が不利になることが多いのですが、中にはあえて相手を逆上させてその証拠をボイスレコーダーや動画などを使って記録して、裁判などにDVの証拠としてあげるようなところもあります。

特に弁護士な度法律の専門家が相手についている場合だと自分が不利になりやすいです。

自分自身も法律の専門家に依頼して仲介してもらうなどの対策を取っていくことが大切です。

最終的には調停をして裁判を通してからになるのですが、調停や裁判になってくると時間もかなりかかってくることになるので、そうならないようにするためにも離婚はできるだけ話し合いで済ませることが理想になります。

さまざまな離婚の形があるのですが、実際の離婚ケースなども調べてから離婚の検討を進めていくという方法も可能になります。

離婚した後の再婚

離婚の理由として多いのが配偶者に隠れて浮気や不倫をしていて、配偶者と離婚をしていつか一緒になりたいと思っているケース。

浮気や不倫をしていることが知られてしまうと離婚時に不利になることから他の理由で離婚を求めるケースが大半です。

道義的にはあまり頂けない部分もある離婚事由ですが、それでも離婚したいという場合は離婚することだけでなく離婚した後の事もきちんと考えた上で対応を考えていく必要性も出てきます。

気を付ける必要があるのは男性の場合だと離婚をした後にすぐ他の女性と結婚することができるようになっています。

ですが、女性の場合だと妊娠などの関係から半年間は待ってからではないと結婚することができないようになっています。

また、親権が自分になるという場合は子供の養育費などを受け取ることになります。

ですが、再婚をした場合は収入の状況などによって養育費の受け取りなどができなくなるケースもあるので注意しなければなりません。

再婚をすること自体は新しい生活をスタートさせるという意味でも悪いことではありません。

しかし、二度三度と離婚を繰り返すと離婚すること自体に対しての抵抗感が無くなっていることもあるので、そうならないようにするためにも注意する必要があります。



よく読まれている人気記事

1

学生時代からの友人と久しぶりの女子会ラン ...

2

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが ...

3

「いつも肌がカサカサして乾燥している」 ...

-離婚

Copyright© 女子力Navi , 2019 AllRights Reserved.