ウエディング

ナイトウェディングならでの注意点と魅力とは?

スポンサードリンク

更新日:

ナイトウェディングは夕方から夜にかけて行うウェディングのことです。

主な時間帯は以下ようなものです。

  • 17:30 挙式受付
  • 18:00~18:30 挙式
  • 19:00~21:30 披露宴

ナイトウェディングには、夜ならではの演出が可能であり、さまざまな魅力があります。

季節によって日の入りの時間に差がありますが、それらも考慮しながら式の準備を進めていけるとなおいいですね。

ナイトウェディンではどのような演出ができ、どういった式にすることができるのでしょうか。。

ナイトウェディングをするにあたり注意しておきたいことにも触れながら、その魅力と効果的な演出について紹介します。

スポンサードリンク

ナイトウェディングで注意すべき点とは?

せっかくの結婚式です。

ゲストには負担をかけずにナイトウェディングを楽しんでもらいたいものです。

ナイトウェディングをする際、どのようなことに注意をするといいのでしょうか。

開始時間、曜日について配慮する

ナイトウェディングは日が暮れる夕方からスタートするため、次の日に学校や仕事がある日程は避けましょう。

連休最終日や日曜日の夜などは避けた方がいいでしょう。

無理な曜日に設定をすると出席者が少なくなってしまうこともあります。

1番ゲストが参加しやすいのは土曜日、金曜日、もしくは会社の休前日などになるのではないでしょうか。

また休前日の方が盛り上げること間違いありません。

ゲストが楽しんで参加できるよう曜日には注意しましょう。

宿泊場所を用意する

ナイトウェディングでは雰囲気も良くお酒が進んでしまうこともあるでしょう。

そのようなゲストであれば宿泊を希望することもあるでしょう。

始まりが遅いので終了時刻が遅くなることも考えられます。

事前に宿泊施設が用意された会場を利用しておくと便利です。

遠方からのゲストはその日に帰ることができない場合が多いため、そのような場合は宿泊してもらうことが必要になります。

昼間の結婚式に来てもらう以上にお車代がかさむことがあるので注意が必要です。

ゲストに負担がかからないよう配慮することがナイトウェディングをする上で大切なことです。

ナイトウェディングならではの魅力・演出とは?

ナイトウェディングは夜の時間を利用するので、夜ならではの演出や効果が期待できます。

例えば光を利用した演出が可能です。

炎や照明を使用した演出は暗い夜であればあるほど効果的です。

例えばナイトウェディングをする際にどのような会場がいいでしょうか。

  • 夜景の美しい会場
  • 高層階のホテルやレストラン
  • スカイツリーや高層ビルなどランドマークがあると喜ばれる(特に遠方からのゲストに)

夜景を利用することでナイトウェディングらしくなり、他の式とは違った雰囲気を出すことができます。

夜ならではの演出について

夜だからこそできる演出はさまざまです。

花火、キャンドル、イルミネーションなどロマンチックな雰囲気を作り出すことができます。

キャンドルが灯された会場は幻想的な雰囲気になるだけでなくリラックス効果も得られます。

また、イルミネーションで飾られた会場は昼間とは違う顔を見せてくれます。

盛大に花火を打ち上げることができれば盛り上がりは最高潮に達するでしょう。

他にも、結婚式の時間帯によっては、夕方から夜にかけての時間の移り変わりを利用することも可能です。

夕方の明るい時間帯に式を始めた場合は、披露宴中に外が暗くなりはじめるため、カーテンを開けて沈みゆく夕日を演出として取り入れることができます。

これなら費用もかからず雰囲気をガラリと変えて式を盛り上げることができます。

日が暮れてからの式になるので、昼間の式とは一風違った形になり、ゲストの印象にも残る素敵な式になること間違いなしです。

ナイトウェディングで着る衣装について

特にナイトウェディングだからと言って衣装に決まりはありません。

しかし、せっかくなので夜や装飾に合うドレスがあればなおいいですよね。

ドレスの素材は照明に映えるものがおすすめです。

光沢の出るシルクなどです。

また、照明を生かすために華やかな装飾が少ないドレスなどが人気です。

また、お色直しのカラードレスでは、キャンドルの暖色に映えるワインレッドやパープルが人気です。

もちろん和装でのナイトウェディングも可能です。

新郎は新婦のドレスに合わせて選ぶ人が多いようですが、タキシードであれば白、または光沢のあるグレーが人気です。

ナイトウェディングであっても照明があるので、無理に明るい色を着る必要はありません。

上質な素材のタイやブートニアを新婦のドレスのカラーに合わせるとより素敵に見えます。

ナイトウェディングのメリットとは

大安、友引などの日柄の良い日程の空きが多いことが特徴的です。

人気のシーズンや曜日も昼間はすぐに予約で埋まりますが、時間帯を少しずらすだけで、人気の式場も予約することが可能になります。

節約になる

予算を抑えたいと考えているカップルにも朗報です。

ナイトウェディングは比較的リーズナブルであることも特徴的です。

やはり結婚式を昼間に挙げるカップルが多いため、夜に挙げるナイトウェディングはリーズナブルに挙げることができます。

また、昼間の結婚式を利用する場合、最初に提案される会場の雰囲気が「物足りない」と感じるカップルが多く、高い装花を選びがちだと言われています。

ナイトウェディングであれば、ライトやキャンドルなどをうまく利用して会場を華やかに盛り上げることができます。

また夜景を利用することもできるので、装花にかける費用を抑えることが可能になります。

2次会の費用がかからないことも特徴的です。

始まる時間帯が遅いため、2次会を開くのは難しいこともあり、費用がかからずにすみます。

ゲストにゆとりを持って来てもらうことができる

遠方のゲストであれば、朝の早い時間に出発をして結婚式に向かうのは大変です。

同様に、女性のゲストは美容院の予約など朝早くから準備するのは意外と大変です。

ナイトウェディングであれば比較的時間に余裕を持って参加してもらうことができます。

一方、遠方のゲストは帰宅が難しくなるため、宿泊の手配などが必要になる場合もあります。

まとめ

ナイトウェディングを考えているカップルは、式場の下見をする際には、昼間ではなく、夕方から夜にかけて会場の下見にいくことをおすすめします。

季節、時間によって外の様子や雰囲気が大きく変わります。

実際に式を挙げる時間帯に会場の雰囲気を見ておくといいのではないでしょうか。

実際に式をしてから「こんなはずではなかった」などとならないためにも事前の下見はおすすめです。

特にデコレーションや季節によっても装飾のイメージが変わります。

ナイトウェディングに実際に参加する機が少ないかもしれませんので、実際の映像や写真を用意している会場ではプランナーさんにお願いして見せてもらうといいでしょう。

より具体的なイメージをつかむことができるはずです。

ナイトウェディングは昼間の結婚式とは一味違った持ち味があります。

人とは違った結婚式にしたい、夜のムードを活用したい、そんなカップルにはないとウェディングがおすすめです。

ナイトウェディングでは、費用を抑えながら、夜にしかできない演出を生かすことができます。

素敵なナイトウェディングができるといいですね。



よく読まれている人気記事

1

学生時代からの友人と久しぶりの女子会ラン ...

2

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが ...

3

「いつも肌がカサカサして乾燥している」 ...

-ウエディング

Copyright© 女子力Navi , 2019 AllRights Reserved.