離婚

離婚に至るまでに必要な準備とは

スポンサードリンク

更新日:

離婚したいという気持ちがあっても、実際に離婚という形になってくるといろいろと迷う部分や困る部分などもあると思います。

離婚は結婚をすることよりも体力を使うと言われているように生半可な気持ちで離婚をすると泥沼化で精神的なダメージがかなり大きくなります。

そのため、離婚したいという気持ちが合っても自己判断で離婚をするのではなく、必要な手順を踏んで進めていきましょう。

スポンサードリンク

信頼できる人から伝えていく

まずは信頼できる人に離婚したいという意志を伝えることが大切。

親がいる場合は親に相談をして、子供が成人をしている場合は子供に相談をしてみるのもよいかもしれません。

最初は離婚をすると言ってもあまり納得してくれないことも多いです。

ですが、どのような理由で離婚することを考えたのかということや離婚をした後に自分がどのようになりたいのかということの展望があると納得してもらうこともできると思います。

また、身内に相談をすることによって仲介してもらって離婚問題についての話し合いが前に向いて進むこともあります。

このような状況を前進させていくという意味でも誰かに相談をすることの意味はかなり大きなことだと言えるでしょう。

離婚は結婚と同様に自分の意志だけで決めることが出来るのではなく、相手の意志があって成り立つものでもあります。

相手に離婚をすることに対してきちんと納得してもらうということも大切なことです。

離婚をすることにはメリットだけでなくデメリット要素もたくさんあるということに目を向けることも大切なことだと言えるでしょう。

離婚に求める条件の設定

結婚している場合に離婚をしたいと考えている場合は具体的な離婚に向けた計画を立てていく必要もあり、円満離婚で済むような関係性であればそこまで悩むことはなく、多くの人は円満離婚を望んでいるものの、それが実現することは難しい部分もあります。

円満離婚はそれぞれが離婚することを望んでいて、互いに求める条件についても双方が納得出来ている状態になります。

ですが、このような関係性の元で離婚をするためには互いの妥協点を見つける必要があります。

また、自分が離婚したいと思っていても相手が同じように離婚に対して強い意志を持っているとは限らず、そもそも離婚に対して反対しているという立場の場合だと相手を納得させるところから始まることになります。

離婚に求める条件をきちんと明示することは大切です。

相手に過失がないのであれば財産分与などは折半が望ましく、子供がいる場合も法的な観点から親権が望ましい側が親権を取って養育費などの支払いをすることも大切になります。

最近はインターネットの利用をすることによって便利に離婚の事例やそれに伴うトラブル例などを知ることができるようになっています。

まずは調べてから実際に離婚することにメリットがあるかどうかということを判断するようにしましょう。

離婚をするのはメリットだけでなく場合によっては離婚しない方が良いケースなどもあるので、その人の相手との関係性なども考慮して離婚そのものについても考える必要があります。

目指すは協議離婚

離婚したいと思っても実行に移すことがなかなかできないのは結婚するよりも体力を使用すると言われているからという人もいるかと思います。

離婚をするということは結婚したいと思って結婚した人とその関係を解消することになるので負担は大きくなるのが普通です。

離婚する場合はできるだけ波風を立てないように話しを進めていきたいものです。

調停や裁判を通しての離婚になるとさらに体力の消耗は激しくなるので、できれば協議離婚という形で話しを前に進めて行きたいものです。

協議離婚というのは双方が話し合いをして離婚をするかどうかを決めることであり、相手に求める条件なども協議の中で済ませることで、互いに納得して離婚することができる最高の形ではあります。

離婚に対しての明確な意思を持つことや相手に求める条件などを考えることも大切なことだと言えます。

最近はいろいろな形の離婚が増えているのですが、その夫婦によってもっとも適した形の離婚については異なってくるので、この点にも意識した上で離婚の話しを前に向けて進めていく必要もあります。

離婚のメリットやデメリットにはいろいろありますが、共通して言えるのは自分だけで決めることができるものではないので、互いの妥協点をみつけていくという気持ちを持つことも大切なことだと言えます。

協議離婚ができない場合の調停

法律事務所などでは離婚に関しての相談をすることができるようになっていて、中には無料で相談に乗ってくれるところもあるので、離婚をしたいと考えているものの具体的にどのように進めていいのか分からない人などは利用するとよいでしょう。

場合によっては協議離婚によって話しを進めていくこともできるのですが、相手との関係がかなり悪化してしまっているような場合だと協議離婚での離婚をすることは難しくなるので、この場合は調停離婚による離婚が一般的な流れになります。

調停離婚というのは家庭裁判所で行う簡易裁判になり、それぞれに調停員がつくことによって離婚に向けた話しを進めていくことができるように。

第三者に入ってもらうことができるという点でのメリットはあります。

通常の離婚は調停離婚によって話しが進んで行くことも多いのですが、場合によっては調停離婚で話しが終わらないこともあり、最終的には裁判を通しての離婚問題に発展してしまうこともあります。

互いのことを考えると裁判を通しての離婚問題になってしまうことはできるだけ避けたい問題ではあります。

それぞれが妥協点を持つことなどが長引かないための離婚の方法にもなります。

離婚はそれぞれに主張があるのが普通です。

自分自身もある程度は折り合いをつけるということを考えておくことも離婚問題でトラブルにならないための方法になってくるので、この点に意識して対応していくようにしましょう。

決着がつかない場合の判決離婚

離婚をするということは夫婦関係の解消をするということでもあり、協議離婚という形をとっていくのが一般的ではあるものの、それでも納得ができない場合は調停になります。

調停離婚になると第三者が仲介しての離婚になってくるので協議離婚に比べると離婚が成立しやすい特徴があります。

それぞれが納得できず折り合いがつかない場合は調停離婚による離婚が難しくなってきます。

この場合は最終的に判決離婚という形で離婚問題に決着をつけることになり、自力での離婚解決をすることができなくなってくるので、通常は離婚問題に特化した弁護士などをつけて裁判を進めていくことになります。

裁判を通しての離婚になってくると依頼する弁護士の手腕によっても結果がかなり左右されることになります。

裁判を通しても離婚をしたいと考えているというのであればそれなりに信頼できる法律の専門家に入ってもらうことをおすすめします。

ちなみに裁判離婚という流れになっている時点で互いの妥協点が大きくずれてしまっていることから、一回の裁判だけで決着するのではなく上告をして何度か裁判を通して最終的に離婚という流れに至ることもあります。

このような結末を辿りたくないという人が大半だと思います。

ですが、離婚問題はそれほどまでにシビアな問題であるということに対しての認識を持つ必要もあり、離婚のメリットやデメリットなどを相対的に考えていく必要もあります。

離婚にかかる費用や日数



よく読まれている人気記事

1

学生時代からの友人と久しぶりの女子会ラン ...

2

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが ...

3

「いつも肌がカサカサして乾燥している」 ...

-離婚

Copyright© 女子力Navi , 2019 AllRights Reserved.