薄毛 身体の悩み

【おでこが気になる】女性の前頭部が薄毛になる原因と対策まとめ

スポンサードリンク

更新日:

分け目が目立つようになってきた。

しっかり見ると前頭部が薄毛になっている。なんてことはありませんか。

意外なことに、前頭部の薄毛に悩む女性が増えているといわれています。

女性の前頭部がなぜ薄くなるのでしょうか。

ここでは、その原因と改善方法を紹介しています。

薄毛が気になる女性は確認しましょう。

スポンサードリンク

女性の前頭部が薄毛になる原因とは

前頭部の薄毛が気になりだした方は、女性型脱毛症と呼ばれる薄毛かもしれませんね。

女性型脱毛症とは女性に多く見られる薄毛のことです。

男性型脱毛症と区別される理由は、現れる症状が異なるからです。

男性型脱毛症では、生え際が後退する、頭頂部が薄くなるなど局所的に症状が現れます。

ひどい方では髪の毛が完全に抜け落ちて頭皮が露出することもあります。

対する女性型脱毛症では、前頭部を中心に髪の毛が細くなり髪の毛の密度が低下します。

その結果、分け目が目立つようになる、頭皮が透けて見えるなどの症状が現れます。

髪の毛が抜け落ちてなくなるわけではないので、生え際の後退など局所的な激しい症状は現れにくいと考えられています。

同じ脱毛症でもこれらの違いがあるため、男性型脱毛症と区別されているのです。

前頭部が薄毛になる主な原因は、加齢の影響と考えられています。

年を重ねることで細胞の働きが衰えて髪の毛が細くなっていくと考えられているのです。

また、30代半ばから女性ホルモンの分泌が減ることも影響していると考えられています。

この影響は、更年期に入るとさらに大きくなります。

女性ホルモンが減ると男性ホルモンの影響が増すため、男性的な抜け毛の症状が現れやすくなるのです。

以上に加え見逃せないのが生活習慣の影響です。

無意識に繰り返している生活習慣が女性の前頭部の薄毛を引き起こしていることがあります。

具体的に、どのような生活を送っていると前頭部の薄毛になりやすいのでしょうか。

こんな生活をしていると、前頭部が薄毛になる!

女性の前頭部の薄毛は、加齢やホルモンバランスの乱れに加え生活習慣も影響しているといわれています。

お悩みの方は、薄毛を引き起こすといわれている生活習慣に気を付けるとよいかもしれません。

特に、20代、30代で前頭部が薄くなっている方は注意が必要です。

ストレスの多い生活

前頭部の薄毛を引き起こすといわれているのがストレスの多い生活です。

仕事や家庭でストレスがたまりがちな方は注意しましょう。

ストレスが多い生活を送っていると、ホルモンバランスや自律神経が乱れます。

ホルモンバランスの乱れは前頭部の薄毛の原因になります。

また、自律神経の乱れは頭皮の血行を悪化させます。

これらが重なり、前頭部の薄毛が引き起こされると考えられているのです。

さらに、ストレスがたまると細胞を老化させる活性酸素が発生します。

この影響でも薄毛につながると考えられています。

不規則な生活

不規則な生活も女性の前頭部を薄くするといわれています。

睡眠不足や食事のリズムが乱れるなどすると、体内時計が乱れるため自律神経とホルモンバランスが乱れやすくなります。

これによっても薄毛が引き起こされる恐れがあるのです。

忙しい生活を送っている方などは避けがたいかもしれませんが、できるだけ規則正しい生活を心がけましょう。

乱れた食生活

栄養バランスの乱れた食生活も薄毛の原因になります。

例えば、ダイエットで過度な食事制限に取り組むと、髪の毛の成長に必要な栄養が不足します。

あるいは、ファーストフードなど脂っこいものばかり食べていると、血液がドロドロになり頭皮の血行が悪くなってしまいます。

これらにより薄毛が引き起こされることがあるのです。

前頭部の薄毛が気になる方は、食事の内容にも注意が必要です。

間違えたヘアケア

もちろん、間違えたヘアケアも薄毛の原因になります。

例えば、頭皮や髪の毛に大きなダメージを与えるヘアカラーやパーマを繰り返すと薄毛につながります。

あるいは、洗浄力の強いシャンプーの利用、シャンプーのやりすぎなども薄毛の原因になります。

シャンプーが薄毛の原因になる理由は、頭皮の潤いを守るために必要な皮脂まで奪ってしまうからです。

頭皮が乾燥すると炎症などのトラブルを起こしやすくなります。

その結果、抜け毛や薄毛につながるのです。

喫煙

タバコも前頭部の薄毛の原因になります。

タバコを吸うと頭皮などの血行が悪くなるからです。

髪の毛の成長に必要な栄養や酸素を届けにくくなるので薄毛の原因になると考えられています。

また、タバコを吸うと活性酸素が発生するので、この点でも髪の毛に悪い影響を与えると考えられています。

以上の原因などで前頭部の薄毛が引き起こされます。

どれも身近な生活に潜むものなので、注意していないと見逃してしまいがちです。

分け目が目立つようになった、前頭部が薄くなったなどに当てはまる方は注意しましょう。

前頭部薄毛の改善方法

前頭部の薄毛はどのように改善すればよいのでしょうか。

生活習慣に原因が潜む方は原因を取り除きましょう。

食生活を見直す

食事が乱れている方は、食生活の見直しが必要です。

朝食を抜くなど食事の回数が安定しない方は、1日3食、決まった時間の食事を心がけましょう。

ホルモンバランスや自律神経の乱れが改善するかもしれません。

食事の内容にも気を配りましょう。

具体的には、髪の毛の合成に欠かせないタンパク質、タンパク質の合成を助ける亜鉛などをとることが勧められます。

亜鉛は牡蠣や豚レバーなどに多く含まれます。

これらのほか、様々なビタミン類やミネラル類などをバランスよくとることも重要です。

食事の内容をさらに改善したい方は、大豆食品に注目するとよいかもしれません。

大豆食品に含まれるイソフラボンには女性ホルモンとよく似た働きが期待できます。

ホルモンバランスが乱れている方にオススメです。

ただし、イソフラボンが身体の中で女性ホルモン様の働きをするのは、日本人の2人に1人といわれています。

過度な期待はしないほうがよいかもしれません。

ヘアケアを見直す

ヘアケアの見直しも前頭部の薄毛の改善につながります。

薄毛が目立つかたは、ヘアカラーやパーマなどをお休みしてみるとよいかもしれません。

これらが薄毛を引き起こしている場合は、症状が改善するはずです。

シャンプーのやり方を見直すことも重要です。

間違えたやり方を続けていると頭皮にダメージが蓄積するので薄毛につながります。

ポイントは、しっかり泡立てたシャンプーを使い指の腹で頭皮を優しく洗うことです。

すすぎ残しは頭皮トラブルの原因になるので、ぬるま湯でしっかり洗います。

シャンプーは、頭皮に優しいアミノ酸シャンプーがオススメです。

頭皮の汚れが気になると1日何度も洗いたくなるかもしれませんが、洗いすぎは頭皮のダメージにつながります。

シャンプーは1日1回にしましょう。

前頭部の薄毛を改善したい方は紹介したケアに取り組んでみてはいかがでしょうか。

ただし、これらに取り組んでも薄毛を改善できないことが少なくありません。

女性の薄毛は複雑に原因が絡み合っているので、セルフケアで改善することが難しいのです。

一歩進んだケアに取り組みたい方は、ヘアメディカルビューティーの無料カウンセリングを受けてみるとよいかもしれません。

専門スタッフが頭皮の状態などを確認して、具体的なアドバイスをしてくれます。

薄毛を改善する最も確実な方法といえるでしょう。

まとめ

前頭部が薄くなっている方は女性型脱毛症かもしれません。

女性型脱毛症はホルモンバランスや生活習慣などの乱れで引き起こされるといわれています。

気になる方は、薄毛を引き起こすといわれる生活習慣を見直しましょう。

それでも薄毛が改善しない方には、専門スタッフからアドバイスを受けられるヘアメディカルビューティーの無料カウンセリングがオススメです。



よく読まれている人気記事

くろあわわでいちご鼻解消 1

学生時代からの友人と久しぶりの女子会ラン ...

2

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが ...

3

「いつも肌がカサカサして乾燥している」 ...

-薄毛, 身体の悩み

Copyright© 女子力Navi , 2019 AllRights Reserved.