ウエディング

ホテルウエディング×少人数で結婚式をする人が増加!ホテルウエディングのおすすめポイントとは

スポンサードリンク

更新日:

厚生労働省の人口動態統計によると、男女ともに初婚年齢が年々上がり、また、再婚率も上昇しています。

結婚式の形はますます多様化し、その中で、ゲストの少人数化の傾向があるようです。

その中で、ホテルで結婚披露宴を行うカップルが多いということが調べの中で分かりました。

ニーズが多様化する結婚式ですが、少人数で結婚式をあげようと考えているカップルは、なぜホテルウェディングを選んだのでしょうか。

スポンサードリンク

ゲストの少人数化が進んでいる

ゲストの少人数化が進んでいる背景にはいくつか考えられます。

未婚者を対象にしたアンケートによると、どのような結婚式にしたいかという質問に対し、約半数の人が、アットホームな結婚式にしたいと答えています。

そして約4割が美味しい料理にこだわりたいと回答しています。

アットホームな挙式にしたい未婚者が増えていることから、結婚式の規模が小さくなり、ゲストの少人数化が進んでいると考えられます。

ゲストを少人数にすることでどのようなメリットが得られるのでしょうか。

まず、ゲストが少人数化することで、新郎新婦とゲストの距離が近くなることがあげれられます。

大規模な結婚式にゲストとして参加した際、新郎新婦とほとんど話しをする時間がなかったという経験はないでしょうか?

少人数の結婚式では新郎新婦とゲストが互いに近い距離で話をすることが可能になります。

親しい友人だけを呼んでアットホームな披露宴にしたいカップルに、少人数の結婚式が選ばれています。

また、新郎新婦は末席に座る親族とは、通常の結婚式ではなかなか話をできないことがほとんどです。

ましてや、テーブルが離れている両家の親族が一緒に話しをすることはなかなか難しいのではないでしょうか。

両家の親族が交流を深めるいい機会になると考えるカップルも、少人数の結婚式を選んでいます。

ホテルの披露宴会場を選んだ人が最多に

国内で開催した結婚式の会場の中で、ホテルでの披露宴会場を選んだカップルが全体の33.8%を占め、最多になったデータがあります。

次に多いのが専門式場で32.1%、レストラン料亭が24.8%と続きます。

結婚式を挙げるときの年齢が20歳以下の場合は専門式場、ホテルの披露宴会場が上位となり、40代になるとレストラン・料亭が増加します。

年齢別に利用する会場が違うというのは面白い結果です。

ではなぜ結婚式の会場にホテルの披露宴会場を選ぶ人が多いのでしょうか。

それにはいくつかの理由が挙げられます。

少人数でもしっかりした結婚式の形にしたい

せっかくの結婚式は、少人数であってもただの食事会にはしたくないと考えるカップルが大半です。

レストランや料亭での食事になると、どうしても顔合わせ、食事会というイメージを払拭することができません。

一生に一度の結婚式は、やはりしっかりけじめをつけたいと考えているカップルが多いようです。

ホテルの用意する少人数プラン

最近は結婚式の多様化に対応するため、ホテル側もさまざまなプランを用意しています。

通常の結婚式で大宴会場を使用するところを、少人数のパーティーに合わせて小宴会場を利用するなど、ホテルであれば臨機応変に対応が可能です。

また少人数の結婚式に合わせたプランも用意されています。

ゲストハウスなどと違って、いくつもの部屋を持っているホテルだからこそ可能なスタイルなのかもしれません。

ホテルウエディングのおすすめポイントとは

ホテルウェディングをするポイントは何があるのでしょうか。

レストランや料亭ではできないメリットが多く挙げられます。

好きなドレスが選べる

レストランや料亭では、テーブルの配置や導線の幅により、ドレスのボリュームや幅に制限がかかることがあります。

ホテルではそういった心配はほとんどいりません。

また、ホテルで結婚式を挙げる際は、プランの中に衣装も含まれていることが殆どです。

レストランウェディングの場合は、式の打合せのほか、ドレスショプで試着をしなければならず、まとめて式の準備を進めていくことができません。

一方、ホテルで披露宴をする場合は、結婚式の打ち合わせの中で、ドレスも一緒に選べることから、時間の節約にもなります。

ホテルは数多くのドレスメーカーと提携を結んでいます。

また、結婚式の打ち合わせの中で試着をすることも可能です。

さまざまなサービスを受けることができるのも、ホテルウェディングだからこそではないでしょうか。

ブライダルフェアで雰囲気を確かめられる

ホテルはさまざまな形でブライダルフェアというものを行なっています。

試食ができるフェアであったり、ドレスの試着ができるフェアであったり、其のほか、チャペルや披露宴会場を使った実演を見ることができるフェアがあるなど、本物の式に触れることができるチャンスがあります。

自分たちがここで式をあげたらどういった雰囲気になるのか、料理の味を確かめることができるなど、事前に見学することが可能です。

実際に見学することで、本番をイメージしやすいということもホテルウェディングの特徴ではないでしょうか。

音響・照明の設備が揃っている

ホテルの宴会場は広さに関わらず音響と照明の設備が整っています。

ゲストが少人数であっても結婚式を挙げたいというカップルには欠かせない設備となっています。

ケーキカット、キャンドルサービス、両親への手紙など、結婚式には欠かせないさまざまな演出が可能であることも特徴的です。

控え室や着替え部屋などの充実

ホテルであればゲストの控え室や着替えの部屋に困ることはありません。

新郎新婦の着替えはもちろん、ゲストの更衣室も用意することができるので安心してゲストを招待することができます。

プランナーが付く

ホテルでは司会を自分たちでするほか、司会者に式の進行を任せることができるので、カップルで相談して式の流れを考えていくことができます。

ブライダルプランナーがいるのでしっかりと式の打ち合わせをすることが可能です。

宿泊も可能

遠方のゲストがいる場合に宿泊が必要になった場合は、ホテルにそのまま宿泊してもらうことが可能です。

また、プランナーにお願いするだけで宿泊の手配を進めてくれるため、改めて自分たちで宿泊施設を探す必要はありません。

ドレスにしてもそうですが、一箇所でまとめてプランを練ることができるのはホテルならではであり、またカップルの負担も減らすことができるのが、ホテルウェディングの特徴ではないでしょうか。

まとめ

少人数で式を挙げる場合、式の会場をどういった場所ですればいいのか悩むカップルも多いかもしれません。

ホテルであれば、通常規模の結婚式に対するノウハウを持っているため、プランナーに相談することでさまざまな提案を受けることができます。

また、ホテルにはすでに部屋や設備が整っていることからも、安心して式に臨めるほか、ゲストにも安心して参加してもらうことができます。

ホテルウェディングを考えているカップルはぜひ、ホテルのメリットを最大に生かしながら結婚式の準備を進めていけるといいですね。



よく読まれている人気記事

くろあわわでいちご鼻解消 1

学生時代からの友人と久しぶりの女子会ラン ...

2

毎朝、パンパンにむくんだ顔を鏡で見るのが ...

3

「いつも肌がカサカサして乾燥している」 ...

-ウエディング

Copyright© 女子力Navi , 2019 AllRights Reserved.